メインメニューを開く

斉藤 豊治(さいとう とよじ、1942年10月6日 - )は、日本法学者弁護士大阪弁護士会所属)。甲南大学法学部名誉教授。元民主主義科学者協会法律部会監事[1]福井県出身。

目次

来歴編集

略歴編集

略歴は以下の通り[2]

人物編集

京都大学での指導教官は宮内裕教授、のち平場安治教授。日本刑法学会理事、日本犯罪社会学会理事などを歴任。 1981年にアメリカのイリノイ州立大学で客員准教授。国際犯罪学会第16回世界大会(2011年、神戸市)で大会実行委員会副委員長。

なお、2007年に大阪弁護士会に弁護士登録を行っており、おあしす総合法律事務所にて弁護士としても活動している(以下の外部リンク参照)。

専門は刑法刑事訴訟法刑事政策少年法ジェンダー法学関連の研究も行っている。刑法においては財産犯及・経済刑法の研究や秘密保護法制の研究に重点をおいている。経済刑法では、長年にわたり教科書の編集を行ってきた。ジェンダーの視点から、性刑法の改革の必要性を説いている。刑事政策に関しては、大震災等大規模災害後の犯罪問題を研究し、成果を内外で発表している。少年司法に関しては少年司法の形成に関するモデルの探求と要保護性の基礎理論を提唱。少年司法の厳罰化には批判的である。

主要著書編集

記念論文集編集

脚注編集

  1. ^ 民主主義科学者協会法律部会役員名簿・第20期(2002秋~2005秋)
  2. ^ 齊藤豊治 教員紹介│近畿大学法科大学院

外部リンク編集