葛野 尋之(くずの ひろゆき、1961年 - )は日本の法学者。専門は刑事法少年法一橋大学大学院法学研究科長・教授。博士(法学)。全国犯罪・非行協議会菊田クリミノロジー賞受賞。

人物・経歴編集

福井県鯖江市生まれ[1]福井県立藤島高等学校を経て、1985年一橋大学法学部卒業。1990年一橋大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学[2][3]

日本学術振興会特別研究員静岡大学人文学部助教授を経て、1999年立命館大学法学部助教授。2000年同教授ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス客員研究員を経て、2009年から一橋大学大学院法学研究科教授。2016年法学研究科長兼グローバル・ロー研究センター長。この間、日本刑法学会理事、法と心理学会理事等も務める[4][2]

専門は刑事法少年法で、2003年に『少年司法の再構築』で、立命館大学博士(法学)の学位を取得。2005年、全国犯罪・非行協議会菊田クリミノロジー賞を受賞[5][6]

京都アニメーション放火殺人事件の容疑者逮捕に際し、毎日新聞に見解を出し、「重症で歩けない状態の容疑者に、逃亡と証拠隠滅の現実的な可能性があるのか疑問だ。むしろ、逮捕に伴う不利益があまりに大きい。治療の中断で病状が悪化する恐れがあり、新型コロナウイルス感染のリスクも高い。もし本人保護が目的であれば、警備を徹底すれば済む。取り調べのためなら法に反しており、重症状態の容疑者を逮捕・勾留して供述を得ても、任意性が問われることになる。供述を求めるのであれば、回復状況を見極め、入院先で任意性を担保した上で話を聴くべきだった」と主張した[7]

著書編集

  • 『少年司法の再構築』日本評論社 2003年
  • 『刑事手続と刑事拘禁』現代人文社 2007年
  • 『少年司法における参加と修復』日本評論社 2009年
  • 『判例学習・刑事訴訟法』(渕野貴生,中川孝博と共編著)法律文化社 2010年
  • 『未決拘禁法と人権』現代人文社 2012年
  • 『リーディングス刑事訴訟法』(川崎英明と共編著)法律文化社 2016年
  • 『刑事司法改革と刑事弁護』現代人文社 2016年

脚注編集

  1. ^ 「規制緩和と少年」立命館大学法学部ニューズレター第17号
  2. ^ a b 「葛野 尋之(クズノ ヒロユキ)」一橋大学
  3. ^ 「葛野 尋之」
  4. ^ 「著者略歴」『刑事司法改革と刑事弁護』
  5. ^ 「葛野 尋之(クズノ ヒロユキ)」一橋大学
  6. ^ 立命館大学 , 博士 (法学) , 乙第339号 , 2003-09-19
  7. ^ “「逃亡あるか疑問」「条件整備し適切」 京アニ放火容疑者逮捕 専門家に聞く”. 毎日新聞. (2020年5月28日). https://mainichi.jp/articles/20200528/k00/00m/040/125000c 2021年1月21日閲覧。 


.