本来の表記は「斎藤晌」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

斎藤 晌(齋藤 晌、さいとう しょう、1898年1月15日 - 1989年5月11日[1])は、日本哲学研究者、東洋大学名誉教授、明治大学名誉教授。

経歴編集

愛媛県生まれ。実家は宇和島藩藩校儒学者の家系で、早くから漢籍に親しむ[2]

1924年東京帝国大学文学部哲学科卒。東洋大学教授、大東文化学院教授などを経て、1943年日本出版会常務理事。1944年辞職。

スピノザ全集』の翻訳を行い、また唯物論研究会の発起人の一人でもあったが、日中戦争期から日本主義への傾斜を強め、太平洋戦争期には大日本言論報国会理事に就任した[2][3]。1943年(昭和18年)から1944年(昭和19年)にかけては、メディア統制機関である日本出版会の常務理事に就任している[3]

占領期に、論説などが戦争協力にあたるとされ、公職追放となる[4]

追放解除後、1952年明治大学教授、1953年東洋大学教授を兼任。1956年東洋大学文学部長。1969年定年退任。

なお、1956年、元々社が、日本初の本格的なSFシリーズ『最新科学小説全集』を刊行するにあたって、そのブレイン役を果たした[5]

著書・翻訳編集

著書編集

  • 『哲学概論』内田老鶴圃 1936年
  • 『日本漢詩 古代篇』春陽堂 1937年
  • 『歴史哲学 民族史観への基礎的予備概念』高陽書院〈新鋭哲学叢書〉1938年
  • 『日本思想の将来性』高陽書院 1939年
  • 『日本文化の諸問題』朝倉書店 1941年
  • 『方法』雄山閣〈哲学新書〉 1947年
  • 『死ぬる前に』四洲社 1950年(小説)
  • 『自殺及び殺人の哲学』雄山閣 1951年
  • 『哲学読本』内田老鶴圃 1952年
  • 『漢詩入門』元々社〈民族教養新書〉 1954年/新版 大法輪閣 1966年
  • 『われらは哲学する』元々社〈民族教養新書〉 1954年
  • 『日本漢詩 上代篇』元々社 1956年
  • 『自殺の哲学』東京元々社 1958年
  • 『悪の研究』東京元々社 1959年
  • 『詩吟集』斎藤荊園 東京元々社 1959年

翻訳編集

参考文献編集

  • 『愛国心について』著者紹介

編集

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ a b 赤澤史朗 「大日本言論報国会――評論会と思想戦」、赤澤史朗; 北河賢三編 『文化とファシズム』 日本経済評論社、1993年12月8日、182頁。ISBN 4-8188-0696-X 
  3. ^ a b 赤澤史朗 『徳富蘇峰と大日本言論報国会』 山川出版社〈日本史リブレット 98〉、2017年4月25日、53頁。ISBN 978-4-634-54710-0 
  4. ^ 公職追放の該当事項は「日本出版会理事書籍部長、著書、大日本言論報国会理事」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、517頁。NDLJP:1276156 
  5. ^ 高橋良平『日本SF戦後出版史』(『本の雑誌』1991年4月号)。