新・ガンヒルの決斗

新・ガンヒルの決斗』(しんガンヒルのけっとう、Shoot Out)は1971年アメリカ合衆国映画1930年の小説『ローンカウボーイ』を原作としている[1]ヘンリー・ハサウェイ監督の作品で、出演はグレゴリー・ペックなど。

新・ガンヒルの決斗
Shoot Out
監督 ヘンリー・ハサウェイ
脚本 マーガリット・ロバーツ
原作 ウィル・ジェームズ
製作 ハル・B・ウォリス
出演者 グレゴリー・ペック
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 アール・ラス
編集 アーチー・マーシェク
配給 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年10月13日
日本の旗 1972年12月2日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

勇気ある追跡』とほぼ同一のスタッフにより製作されており[1]、主人公と子供の組み合わせ、風景のカメラワーク等抒情性が『勇気ある追跡』を彷彿とさせる。前作『ガンヒルの決斗』とはまったく関係の無い作品となっている。

ストーリー編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1979年3月22日『木曜洋画劇場』)

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ a b Gary Fishgall (2002). Gregory Peck: A Biography. New York, NY: Scribner. p. 274. https://archive.org/details/gregorypeckbiogr00fish 
  2. ^ 峯間貴子本人のTwitterアカウントより”. 2020年8月15日閲覧。
  3. ^ 2020年8月7日放送分

外部リンク編集