新倉俊一 (アメリカ文学者)

新倉 俊一(にいくら としかず、1930年1月22日 - 2021年8月23日)は、アメリカ研究者。明治学院大学名誉教授。慶應義塾大学アート・センター訪問所員。

経歴編集

神奈川県三浦郡葉山町出身。1951年、慶應義塾大学法学部卒。明治学院大学大学院修了、フルブライト留学ミネソタ大学大学院修了。明治学院大学教授。1976年、文学部長。1981年、日本エミリ・ディキンソン協会会長。西脇順三郎に師事[1]し、2004年の『評伝 西脇順三郎』で和辻哲郎文化賞山本健吉文学賞を受賞。2017年度神奈川文化賞受賞。

日本エズラ・パウンド協会理事も務め、ディキンソン、パウンドなどのアメリカ詩人の研究者の育成を行った。エドワード・リアノンセンス詩などを研究、翻訳もある。

2021年8月23日午前8時10分、老衰のため神奈川県逗子市の自宅で死去[2]。91歳没。

著書編集

  • エミリ・ディキンスン 研究と詩抄』篠崎書林, 1962
  • 『英詩の構造』駿河台出版社, 1971
  • 『アメリカ詩論 同一性の歌』篠崎書林, 1975
  • 『西脇順三郎 変容の伝統』花曜社, 1979/増補版 東峰書房, 1994
  • 『アメリカ詩の世界 成立から現代まで』大修館書店, 1981
  • 『西脇順三郎全詩引喩集成』筑摩書房, 1982
  • 『英語のノンセンス チョーサーからビートルズ笑いの系譜』大修館書店, 1985
  • 『エミリー・ディキンスン 不在の肖像』大修館書店, 1989
  • 『詩人たちの世紀 西脇順三郎とエズラ・パウンド』みすず書房〈大人の本棚〉, 2003
  • 『評伝 西脇順三郎』慶應義塾大学出版会, 2004
  • 『西脇順三郎 絵画的旅』慶應義塾大学出版会, 2007
  • 『詩集 ウナジョルナータ』思潮社, 2018
  • 『詩集 ビザンチュームへの旅』洪水企画, 2021 

編著・翻訳編集

  • K.K.ルスベン『コンシート』研究社出版, 1971
  • エドワード・リア『ノンセンス・ソング』思潮社, 1974
  • エドワード・リア『ノンセンスの贈物』思潮社, 1974
  • 『エズラ・パウンド詩集』角川書店, 1976
  • 『恋人たち』偕成社, 1976(詩の絵本)
  • エドワード・リア『カングル・ワングルのぼうし』ほるぷ出版, 1976
  • 『愛のかたち』偕成社, 1976(詩の絵本)
  • エドワード・リア『あしゆびのないポブル』篠崎書林, 1978
  • 『ノンセンスの磁場 近代詩アンソロジー』れんが書房新社, 1980
  • 『ウォレス・スティーヴンズ』編著 山口書店, 1982
  • トーマス・H.ジョンスン『評伝 エミリ・ディキンソン』鵜野ひろ子共訳 国文社, 1985
  • 『ディキンスン詩集』思潮社 海外詩文庫, 1993
  • エズラ・パウンド詩集』小沢書店, 1993
  • 『世界の詩論 アリストテレスからボヌフォアまで』窪田般彌共編 青土社 1994
  • 『人間家族』エドワード・スタイケン冨山房, 1994
  • エズラ・パウンド『ピサ詩篇』みすず書房, 2004
  • 『W・D・スノッドグラス詩集』西原克政共訳 港の人, 2010
  • 『エミリ・ディキンスンの詩の世界』国文社, 2011
  • エドワード・リア『リアさんて、どんなひと? ノンセンスの贈物』みすず書房, 2012
  • 『私の好きなエミリ・ディキンスンの詩』金星堂, 2016

脚注編集

  1. ^ 『西脇順三郎コレクション』(慶應義塾大学出版会(全6巻)、2007年)を編。
  2. ^ “新倉俊一氏死去 (明治学院大名誉教授)”. 時事通信社. (2021年8月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082701112&g=obt/ 2021年8月27日閲覧。