メインメニューを開く

新正堂(しんしょうどう)は、東京都港区新橋四丁目にある和菓子店舗

株式会社 新正堂
Shinshodo-1a.jpg
新正堂外観
(2017年12月29日撮影)
店舗概要
所在地 105-0004
東京都港区新橋四丁目27番2号
座標 北緯35度39分51.45秒 東経139度45分17.58秒 / 北緯35.6642917度 東経139.7548833度 / 35.6642917; 139.7548833座標: 北緯35度39分51.45秒 東経139度45分17.58秒 / 北緯35.6642917度 東経139.7548833度 / 35.6642917; 139.7548833
開業日 月曜日~土曜日
閉業日 日曜日・祭日、8月は土曜日・日曜日・祭日
正式名称 株式会社 新正堂
施設所有者 三代目 渡辺 仁久
店舗数 1店舗
営業時間 月曜日~金曜日・午前9時~午後7時、土曜日・午前9時~午後5時
駐車台数 無し台
最寄駅 JR山手線、JR京浜東北線新橋駅、都営地下鉄浅草線新橋駅、都営地下鉄大江戸線汐留駅東京メトロ銀座線新橋駅
最寄IC 首都高速霞が関出入口
外部リンク 新正堂
テンプレートを表示

概要編集

1912年(大正元年)に創業、いわゆる「忠臣蔵」で知られる刃傷事件で浅野内匠頭の預け先となりまた切腹の場ともなった田村右京太夫(田村宗良)の屋敷のあった場所に店を構える和菓子店である。

店名は、「」橋にあるお菓子屋で、大「」元年に創業したことから新正堂と命名した[1][2]ことが由来。名物の「切腹最中」は、赤穂浪士の語り草が和菓子を通じて広がることを願って作られたが、店主はその家族からも周囲からも縁起の悪いネーミングについて反対されたという。

営業情報編集

  • 取扱商品 - 義士ようかん、切腹最中、仮名手本忠臣蔵、味こよみ、景気上昇最中、出世の石段、e-monaka.com、生どら、陣太鼓どら焼き、豆大福、カフェ・オレ大福
  • 定休日 - 日曜日・祭日、8月は土曜日・日曜日・祭日
  • 営業時間 - 月曜日~金曜日・午前9時-午後7時00分、土曜日・午前9時-午後5時
  • 駐車場 - 無し

交通アクセス編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新正堂 - お店のご案内
  2. ^ 新正堂 - 歴史探訪

参考文献編集

  • 製菓実験社著『製菓製パン』「今月の店舗紹介(4)店舗コンクールで受賞「新正堂」(東京・新橋)」1983年3月、国立国会図書館蔵書
  • 『切腹最中(もなか)の日(デジタル大辞泉プラス)』「3月14日、東京都新橋の和菓子店新正堂が制定。同店の名物「切腹最中」をPRする」国立国会図書館参考情報

関連項目編集

外部リンク編集