田村 建顕(たむら たつあき)は、江戸時代前期から中期にかけての大名陸奥国岩沼藩の第2代藩主、のち田村家一関藩の初代主。官位従五位下因幡守

 
田村建顕
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 明暦2年5月8日1656年6月30日
死没 宝永5年1月27日1708年2月18日
改名 千勝(幼名)、宗永、建顕
別名 内膳、修理
戒名 徳源院殿乾峰自明大居士
墓所 岩手県一関市の大慈山祥雲寺
東京都港区高輪東禅寺
官位 従五位下右京大夫因幡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
陸奥岩沼藩主→陸奥一関藩
氏族 田村氏
父母 田村宗良山口重如の娘・糸
兄弟 建顕顕寛顕始顕普宗常永井直種正室、女子ら
正室松平近栄の娘・繁姫
熊、松平近栄養女、経千代、松平信治室、春千代
養子誠顕おいよ永井尚品婚約者
テンプレートを表示

生涯編集

明暦2年(1656年)5月8日、陸奥仙台藩一門・田村宗良の次男として誕生。幼名は千勝

万治3年(1660年)、父・宗良が陸奥岩沼藩3万石の大名に取り立てられると、世子となる。寛文4年(1664年)2月21日、元服して宗永と名乗り、同年11月28日、4代将軍徳川家綱御目見する。

寛文10年(1670年)に従五位下・右京大夫に叙任され、延宝6年(1678年)に父の死去により家督を相続する。延宝9年(1681年)5月、岩沼から一関に移封された。宗永は学問に秀でていたため、5代将軍・徳川綱吉に重用され、元禄4年(1691年)には奥詰衆に取り立てられて譜代格となり、元禄5年(1692年)には奏者番を拝命する。同年大晦日、建顕に改名する。元禄6年(1693年)には城主格となり、元禄7年(1694年)8月21日には弟・顕寛が分家し旗本寄合席に列した。

元禄8年(1695年)に宮床伊達家当主の伊達村房(後の伊達吉村)を養子に迎えようとしたが、養子縁組を幕府に届け出る前に仙台藩主・伊達綱村の養子に変更されたため、翌年に丹波国系田村氏で奥医師の田村安栖家の分家にあたる旗本田村顕当の五男である誠顕を養子に迎えた。 宝永2年(1705年)、因幡守に任官した。宝永5年(1708年)1月27日死去。享年53。誠顕が家督を相続した。

元禄赤穂事件編集

元禄14年(1701年)3月14日、播磨国赤穂藩主・浅野長矩が刃傷沙汰を起こし、即日切腹を命じられた。この時、一関藩田村家が事件後の長矩の身柄を預かるよう命じられ、夕刻に芝の一関藩邸に長矩が護送されて来たが、それから一刻と経たないうちに大目付庄田安利の指示があり、藩邸の庭で浅野長矩の切腹が執行された。

対応が悪かった記録が残っており、長矩は着用していた大紋を脱がされ、収容された座敷のふすまを釘付けにするなどしていたという。また庭先で筵の上で切腹させる、介錯に使おうと田村家伝来の由緒ある刀を家臣が持ち出してきたので建顕が激怒した[1]、切腹した場所には今後誰も近づかないよう藩士に厳命した[2]、長矩の遺言を隠したともいわれる[3]。藩邸には墓や供養塔の類は一切なかった(戦後になって藩邸跡に切腹した場所を示す「浅野内匠頭終焉の地」碑が建設されたが、現在は撤去されている[4])。

居城編集

  • 一関陣屋
    • 田村氏入部以降の一関藩の陣屋。西端の磐井川と東端の吸川との間につくられ、中心は釣山の北麓に藩主居館(現町名・城内)があった。

人物編集

  • 土芥寇讎記』では素晴らしく良いとは言わないがかといって愚鈍とは言えず、慎み深く、「徳人」の隠れた姿、と賞賛されている。
  • 幼少の頃より漢学のほか書・絵画・茶道・能・和歌・筝をおさめた教養人であった[5]

遺品編集

数多くの書・絵画・和歌が現存する。以下に代表を挙げる。

  • 『詠百首和歌』
  • 『田村建顕手鑑』 - 東山天皇の勅点を受けた直筆の和歌や『万葉集』などの自筆絵入り写本[6]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 「當家銘刀「美濃千寿院」ヲ選ビシカド「斯様ナ節に用フ可キニ非ズ」等激シク叱責受クル」(「北郷杢助手控之写」)
  2. ^ 「田村家家伝文書」(一関市博物館)
  3. ^ 一関藩『内匠頭御預かり一件』
  4. ^ 環二通りの建設工事による(2011年、東京都)。現在は田村邸から50mほど離れた別の場所に長矩をしのぶ記念碑が再建。遺言が田村家により不明のため、芝居などの創作ではあるが人口に膾炙した「風誘う」の句が刻まれる。
  5. ^ 江戸初期の歌集『正木のかずら』には大名としては十二首が入首している。
  6. ^ 「一関市博物館所蔵並びに展示目録」

参考文献編集

  • 『一関市史』第一巻(岩手県一関市、1978年)
  •  平成『仙台市史』通史編4〔近世2〕(宮城県仙台市、2003年)
  •  『一関藩』大島晃一著(現代書館、2006年)