メインメニューを開く

新民主主義党(しんみんしゅしゅぎとう、ギリシャ語: Νέα Δημοκρατία‎, ラテン文字転写: Nea Dimokratia[5], 英語: New Democracy, 略称:ΝΔ / ND)は、1974年に設立されたギリシャ中道右派政党[2][4][5]全ギリシャ社会主義運動(PASOK)と同じく、ギリシャの二大政党の一つである[5]国際民主同盟中道民主インターナショナルにも加盟している[8][9]

ギリシャの旗 ギリシャ政党
新民主主義党
Νέα Δημοκρατία
New Democracy Logo 2018.png
党のロゴ
党首 キリアコス・ミツォタキス
成立年月日 1974年10月4日
本部所在地 Πειραιώς 62, Μοσχάτο, 18346, ΑΤΤΙΚΗΣ[1]
ギリシャ議会
158 / 300   (53%)
(2019年7月7日)
政治的思想・立場 中道右派[2][3][4]
保守主義[5]
経済の自由化[5]
自由保守主義[6]
キリスト教民主主義[6]
親欧州主義[6][7]
公式サイト Νέα Δημοκρατία
公式カラー    
国際組織 国際民主同盟[8]
中道民主インターナショナル[9]
テンプレートを表示

歴史編集

新民主主義党は1974年10月4日に元首相コンスタンディノス・カラマンリスらによって設立された。その2ヶ月後、カラマンリスは首相に任命され、7年間続いた軍事政権崩壊後初の首相に選ばれた。彼には1967年の軍事クーデター前に2回の首相経験がある。初の自由総選挙では新民主主義党は得票率54.4%を記録した。

カラマンリスは新民主主義党をクーデター以前の旧態依然とした政党とは異なる、より近代的・進歩的な中道右派政党にしようと考えていた。党のイデオロギーは“ラディカルな自由主義”であるとされ、これは“社会的正義の立場に立って自由貿易主義を拡大すること”であると定義された。

1977年には新民主主義党は再び総選挙に勝利した。カラマンリスのもと、ギリシャはNATOとの関係を整理し、トルコの介入が絡んだキプロス問題を解決する予定であった。しかし1980年にカラマンリスは引退し、彼の後継であるゲオルギオス・ラリスは1981年10月の総選挙でアンドレアス・パパンドレウ率いる全ギリシャ社会主義運動(PASOK)に敗れ下野した。ギリシャのEC加盟は新民主主義党が主導することで決定された。カラマンリスは野党から国民投票を認めなかったことで非難された。国民の大半はEC加盟に反対であったといわれる。

新民主主義党はコンスタンディノス・ミトソタキスを首班として1989年に少数与党として政権を握った。1年後の選挙の結果、議席の過半数を制した。その後は続けて選挙に敗北している。1993年にはミトソタキスを党首として、1996年にはMiltiades Evertのもとで、2000年には党の創設者の甥であるコスタス・カラマンリスを擁して敗北した。2000年の選挙では党の歴史上最も獲得議席が少なかった。

しかし2003年になると新民主主義党は世論調査コスタス・シミティスに率いられたPASOKを常にリードしていた。2004年の1月にシミティスは首相を辞任し、3月7日の総選挙を発表した。PASOKの新しい指導者にはゲオルギオス・パパンドレウが就き、事前にはPASOKの勝利が予想されたが、カラマンリスが勝利し7年ぶりに新民主主義党が政権についた。

カラマンリス政権は2007年の選挙でも辛勝し、新自由主義的な改革を進めたが、世界的な金融危機による景気後退から社会不安を招き、若者の暴動なども多発した。このためカラマンリス首相は国民に信を問うべく2009年に議会を繰上げ解散したがPASOKに敗れ、5年ぶりに下野。党首はアントニス・サマラスに交代した。その後ギリシャは金融危機に見舞われ、2011年にはPASOKとの大連立政権が発足。2012年6月の総選挙では第1党となり、サマラスを首班とする大連立政権が発足した[10]。2015年1月25日に行われた総選挙では76議席にとどまり、第一党の座を急進左派連合に明け渡すこととなったが、2019年7月7日に行われた総選挙英語版では過半数となる158議席を獲得し[11]、結果を受けキリアコス・ミツォタキス‪党首が首相に就任した[12]。‬‬‬‬‬‬

歴代党首編集

新民主主義党党首
氏名 在任期間
1   コンスタンディノス・カラマンリス 1974年10月4日 - 1980年5月10日
2   ゲオルギオス・ラリス 1980年5月10日 - 1981年10月21日
3   エヴァンゲロス・アヴァロフ 1981年10月21日 - 1984年9月1日
4   コンスタンディノス・ミツォタキス 1984年9月1日 - 1993年11月3日
5   ミルティアディス・エヴァート 1993年11月3日 - 1997年3月21日
6   コスタス・カラマンリス 1997年3月21日 - 2009年11月30日
7   アントニス・サマラス 2009年11月30日 - 2015年7月5日
8   キリアコス・ミツォタキス 2016年1月11日 - (現職)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ ΝΔ - ΝΕΑ ΔΗΜΟΚΡΑΤΙΑ Πολιτικό Κόμμα - Κεντρικά Γραφεία, Κοινωνική - Πολιτική Εκπροσώπηση Μοσχάτο ΑΤΤΙΚΗΣ , 2109444000 vris” (ギリシア語). vrisko.gr. 2019年8月29日閲覧。 “ΝΔ - ΝΕΑ ΔΗΜΟΚΡΑΤΙΑ
    Πολιτικό Κόμμα - Κεντρικά Γραφεία
    Πειραιώς 62, Μοσχάτο, 18346, ΑΤΤΙΚΗΣ
  2. ^ a b 新民主主義党 しんみんしゅしゅぎとう Nea Dimokratia”. コトバンク. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 2019年9月25日閲覧。
  3. ^ Eleni Chrepa (2019年7月8日). “ギリシャ総選挙:野党の中道右派が勝利確実-チプラス氏敗北宣言”. Bloomberg News (ブルームバーグ). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-07/PUA6RB6VDKHS01 2019年9月30日閲覧。 
  4. ^ a b 木寺もも子 (2019年5月27日). “ギリシャ解散・総選挙へ 首相表明 欧州議会選で与党敗北”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45299230X20C19A5MM0000/ 2019年9月30日閲覧。 
  5. ^ a b c d e The Editors of Encyclopaedia Britannica. “New Democracy political party, Greece” (英語). britannica.com (Encyclopædia Britannica Online). ブリタニカ百科事典. Encyclopædia Britannica, Inc.. 2019年9月25日閲覧。
  6. ^ a b c Wolfram Nordsieck (2019年). “Greece” (英語). Parties and Elections in Europe. 2019年9月25日閲覧。
  7. ^ Akis Kalaitzidis (2009), Europe's Greece: A Giant in the Making, Palgrave Macmillan, p. 29, https://books.google.co.jp/books?id=MZnCAAAAQBAJ&pg=PA29&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false 
  8. ^ a b Members International Democrat Union” (英語). idu.org. 国際民主同盟. 2019年9月29日閲覧。
  9. ^ a b Partidos Archivo - idc-cdi” (スペイン語). idc-cdi.com. 中道民主インターナショナル. 2019年9月29日閲覧。
  10. ^ “ギリシャ連立交渉入り…一両日中にも新政権発足”. 読売新聞. (2012年6月18日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120618-OYT1T01237.htm 2012年6月18日閲覧。 
  11. ^ “ギリシャ総選挙、保守系野党の圧勝確実 チプラス首相敗北認める”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年7月8日). https://www.afpbb.com/articles/-/3234092 2019年7月8日閲覧。 
  12. ^ ギリシャの政権交代、経済成長課題に=ミツォタキス新首相就任 時事通信社 2019年7月8日配信 2019年7月9日閲覧

外部リンク編集