メインメニューを開く

新潟県庁舎(にいがたけんちょうしゃ)は、新潟県新潟市中央区新光町にある新潟県庁の建物の総称である。

新潟県庁舎
Niigata Prefectural Office
Niigata Prefectural Office.JPG
新潟県庁舎(行政庁舎)
情報
用途 行政庁舎
主構造物 行政庁舎、警察庁舎、議会庁舎
建築主 新潟県
事業主体 新潟県
管理運営 新潟県
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
階数 地上18階地下1階(行政庁舎)[1]
高さ 87.3メートル(行政庁舎)[1]
竣工 1985年[1]
所在地 950-0965
新潟県新潟市中央区新光町4番地1
位置 北緯37度54分8.7秒 東経139度1分23.4秒 / 北緯37.902417度 東経139.023167度 / 37.902417; 139.023167座標: 北緯37度54分8.7秒 東経139度1分23.4秒 / 北緯37.902417度 東経139.023167度 / 37.902417; 139.023167
テンプレートを表示

行政庁舎、警察庁舎、議会庁舎、およびこれらを結ぶ回廊により構成される。

目次

所在地編集

施設概要編集

行政庁舎編集

  • 地上18階、地下1階[1]
  • 高さ87.3メートル[1]
    • 18階には「展望回廊」が整備されており、市街地を一望できる。入場は無料。
(平日8:30 - 17:15、休日10:00 - 日没[2]
  • 行政情報センター
  • 新潟県交通事故相談所
  • 新潟県観光協会
  • 広報展示室(県内の観光に関するパンフレットのほとんどを手に入れることができる)

警察庁舎編集

入場の際は受付が必要である。

議会庁舎編集

西回廊編集

新潟県の危機管理センターが2009年に整備された[3]

  • 第四銀行県庁支店
  • 北越銀行県庁支店(2019年8月26日に「新潟県庁支店」に改称予定。店番号も271→279に変更される)
  • 新潟県職員生活協同組合
  • 新潟県庁内郵便局
  • 職員食堂
  • 喫茶室

東回廊編集

  • 知事室

ギャラリー編集

沿革編集

 
1880年竣工の新潟県庁舎
  • 1870年明治3年) - 新潟県発足に伴い、初代新潟県庁が旧新潟奉行所屋敷(現在NEXT21が立つ場所)に置かれる[4][5]
  • 1880年(明治13年) - 初代新潟県庁焼失[4][5]。同年東中通に洋風庁舎として再建[5]
  • 1932年昭和7年) - 新潟市学校町通一番町にて先代庁舎が竣工。1階部分は荒石張りにして中央にバルコニー付ファサードを設け、両脇に翼部を張り出すデザイン。建設の総事業費は約162万円を要した。
  • 1982年(昭和57年) - 先代庁舎の老朽化に伴い、新潟市新光町にて現庁舎の建設工事着工。
  • 1985年(昭和60年) - 現庁舎竣工、新光町へ移転。建設の総事業費は約345億円[1]を要した。跡地には1989年新潟市役所本庁舎が建設される。

交通アクセス編集

その他編集

かつて新光町地内には日本軽金属新潟工場が所在し、越後線の信濃川橋梁南側から専用線が分岐していた。老朽化等のため1980年新潟港東港区(新潟東港)の太郎代地内へ新築移転し(現在は分社化し日軽新潟本社工場)、その跡地が県庁舎の建設用地に充当された。なお専用線は撤去され、跡地には新潟市道信濃川右岸線が整備されている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 県庁舎平面図(平成30年度版) - 新潟県.2019年3月13日閲覧。
  2. ^ 県庁舎を見学するには - 新潟県広報広聴課.2019年3月13日閲覧。
  3. ^ 危機管理センターの施設整備について - 新潟県都市局営繕課.2019年3月13日閲覧。
  4. ^ a b 新潟町のカナメ(奉行所~現在) - 新潟ふるまち.2019年3月13日閲覧。
  5. ^ a b c 古町歴史パネル写真館 1.近代の幕開け 明治期① - 新潟ふるまち.2019年3月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集