メインメニューを開く

於仇賁呉音:うぐぶん、漢音:おきゅうふん、拼音:Wūchóubēn 生没不詳)は、後漢初期の鮮卑族の大人(たいじん:部族長)。史書において、最初に登場する鮮卑大人である。

経歴編集

建武30年(54年)春1月、鮮卑大人の於仇賁と満頭らは、種人を率いて洛陽の宮闕(宮城の門)にやってきて朝貢し、後漢に内属したので、光武帝は於仇賁を王に、満頭を侯に封じた。

参考資料編集

  • 三国志』(烏丸鮮卑東夷伝)
  • 後漢書』(光武帝紀、烏桓鮮卑列伝)