メインメニューを開く

概要編集

六甲山系の西端に位置し、南は大阪湾明石海峡)、北は播磨平野に続く丘陵地となっている。山頂付近の地質は風化が進んだ花崗岩、植生はコナラ等の二次林である[1]。山頂付近には、旗振茶屋や本州四国連絡高速道路の鉢伏無線中継所[2]などがある。

山頂付近に設置されている四等三角点の基準点名は「鉢伏山」である[3]

歴史編集

江戸時代大坂堂島米会所の相場を西国に知らせるための旗振り通信の中継地であった[4]ため、「旗振山」とされた。

登山道編集

旗振山は須磨浦公園から宝塚に至る六甲全山縦走路の西端に位置し、主な登山道は、須磨浦公園駅前から須磨浦ロープウェイ鉢伏山上駅前を通り旗振山に至る道、高倉台団地からおらが茶屋と鉄拐山を通り旗振山に至る道などがある。

交通機関編集

参考文献編集

  1. ^ 神戸市役所 グリーンコウベ21プラン http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/construction/green/img/keikaku01.pdf
  2. ^ JB本四高速 入札公告 SHF放送施設撤去工事 http://www.jb-honshi.co.jp/corp_index/keiyaku/koukoku/pdf/2011/110826koukoku-1.pdf
  3. ^ 国土交通省 基準点成果等閲覧サービス http://sokuseikagis1.gsi.go.jp/index.aspx
  4. ^ 六甲山魅力再発見 http://www.rokkosan-katsuyo.com/seminar/post_85.html
  5. ^ ヤマレコの山と高原地図 山行計画