日下部 五朗(くさかべ ごろう、1934年7月23日 - 2020年2月7日)は、日本映画プロデューサー岐阜県出身[1]

くさかべ ごろう
日下部 五朗
生誕 (1934-07-23) 1934年7月23日
死没 (2020-02-07) 2020年2月7日(85歳没)
職業映画プロデューサー

人物編集

早稲田大学卒業後、1957年に東映に入社[2][3]。映画『仁義なき戦い』『極道の妻たち』などをプロデュースした。1996年、映画『』で日本アカデミー賞 特別賞企画賞を受賞。また、映画『楢山節考』(監督:今村昌平)でパルム・ドールを受賞[2]。2020年、腎不全により[2]京都府で没した。

著書編集

  • 2012年「シネマの極道 映画プロデューサー一代」ISBN 9784101202365
  • 2015年「健さんと文太: 映画プロデューサーの仕事論」ISBN 9784334038977

脚注編集

  1. ^ 日下部五朗さん死去 仁義なき戦いなどプロデュース - おくやみ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com (2020年2月18日). 2021年1月18日閲覧。
  2. ^ a b c 日下部五朗さん死去 映画「仁義なき戦い」プロデュース:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2020年2月18日). 2021年1月18日閲覧。
  3. ^ 映画プロデューサーの日下部五朗氏死去:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年1月18日閲覧。

外部リンク編集