梶芽衣子

日本の女優

梶 芽衣子(かじ めいこ、1947年3月24日[1] - )は、日本女優歌手。本名および旧芸名、太田 雅子(おおた まさこ)。業務提携先は(くう)

かじ めいこ
梶 芽衣子
本名 太田 雅子(おおた まさこ)
別名義 同上
生年月日 (1947-03-24) 1947年3月24日(74歳)
出生地 日本の旗 日本東京都千代田区[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1965年 -
配偶者 なし
主な作品
テレビドラマ
寺内貫太郎一家
花嫁衣裳は誰が着る
鬼平犯科帳シリーズ
剣客商売
映画
野良猫ロックシリーズ[1]
銀蝶シリーズ
女囚さそりシリーズ[1]
現代任侠史
修羅雪姫シリーズ
無宿[1]
 
受賞
ブルーリボン賞
主演女優賞 1978年『曽根崎心中』
その他の賞
京都市民映画祭 主演女優賞
1976年無宿
キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞
1978年『曽根崎心中』
毎日映画コンクール
女優演技賞
1978年『曽根崎心中』
田中絹代賞
2020年
報知映画賞
第3回主演女優賞 1978年『曽根崎心中』
第20回助演女優賞 1995年『鬼平犯科帳 劇場版』
テンプレートを表示

東京都千代田区神田出身[2][3]

来歴編集

幼い頃はシャイで人見知り。両親の勧めで中高時代はバスケットボール部に所属し、友人を作る楽しさ、グループの一員となる喜びを味わったという[4]八雲高校在学中に銀座でモデルにスカウトされる[4]。その後、高橋圭三の事務所に所属し[5]、高橋司会の『おのろけ夫婦合戦』(日本テレビ)でアシスタントを務めたことが切っ掛けで[5]1965年、高校卒業と同時に日活に入社[2][1][6]。同年に映画悲しき別れの歌』で本名の太田雅子でデビューし[3]石原裕次郎小林旭松原智恵子吉永小百合らが主演する映画で助演していた[1]。同期で活躍したのは渡哲也[7]

子役からのアイドルスターであった太田博之とコンビを組み、W太田として青春スターとして売り出され、1965年の映画『青春前期 青い果実』で主演を果たす。この頃は慣れないアフレコに四苦八苦しており、そんな梶をある大物女優があざ笑い、怒った梶はその女優に「笑わないでください。あなたたちは初めからこれができたんですか!」と啖呵を切ったという[4]。その噂は撮影所に瞬く間に広がって武勇伝となり、生意気というレッテルが貼られ、会社の重役からは絞られたものの、その事が切っ掛けでアフレコを一生懸命に練習し、上達した[8]

最初は吉永小百合の後継者ともいわれたが[9]、デビュー1年後からは脇役にまわされた[5]。日活が東映ヤクザ映画のマネをして製作した[9]1969年の『日本残侠伝』出演した際[9]監督マキノ雅弘に勧められ、芸名梶 芽衣子改名した[9][10]。改名は成功し、以降不遇時代から抜け出す[2]

1970年の日活映画『野良猫ロックシリーズ』4作に主演し[注 1]人気を得る[1][3]。『大江戸捜査網』(東京12チャンネル)などのテレビドラマに日活女優として出演をする[2][10]1971年、日活がロマンポルノに移行したため退社しフリーとなる[2]。大江戸捜査網の出演が第2シリーズ迄なのはその為で、男優陣(杉良太郎、瑳川哲朗、中村竹弥、古今亭新駒)が三船プロに制作会社が移行した後も引き続き出演をしているのに対して、女優陣は梶芽衣子、岡田可愛→古城都、江崎英子に交代をしている[2]1972年3月『純子引退記念映画 関東緋桜一家』を最後に引退した藤純子の後釜として東映に誘われ同年東映に入社した[2][12]

銀蝶シリーズ』の後、『女囚さそりシリーズ』で人気を決定付けた[1][2]。本作で"ヒロインが台詞を喋らない方が凄みを増す"というアイデアは梶が出した[10][12]。若い頃から一家言ある人で、1973年、『女囚さそりシリーズ』の三作目を「監督とスタッフを代えなければ出演には応じられない」と公言した[13]。その出演拒否で事件になっていたとき[14][15]深作欣二監督に請われて出演した『仁義なき戦い 広島死闘篇』でもヒロインを好演した[10]。『キネマ旬報』1973年4月下旬号の日本映画界への提言というテーマのインタビューで、「この間『ゲッタウェイ』を見ましたけど、面白いので悔しかった。日本だってみんながその気になれば、あのくらいのものは出来ると思うの。生意気なようだけど、日本の場合は企画が貧しいって気がするわ。それを何とかして欲しいな。だってそれが映画をよくするための原点でもあるわけでしょう」などと話した[15]。『女囚さそり』のシリーズ化で揉めて東映とケンカ別れの形となり、同年退社し再びフリーとなる[16]。その後東宝の『修羅雪姫シリーズ』など、各社で主演映画が製作されていく。

これらの作品は海外でも人気を呼び、クエンティン・タランティーノは梶の熱狂的ファンと公言[10][3]。タランティーノは映画『キル・ビル』で『修羅雪姫』のオマージュをし、梶の歌「修羅の花」と「怨み節」を流している。

東映の『女囚701号/さそり』を撮影していた当時、大手レコード会社のディレクターとの縁談が進んでおり、同作を最後に芸能界を引退して専業主婦となる決意を固めていた。映画が予想以上の大ヒットとなったため続編が企画されるが、梶は結婚を理由に出演を断る。しかし岡田茂の説得により「あと一作だけ」の条件で続編の出演に応じたところ[17]、その後も俊藤浩滋ら多くの関係者の説得を受ける形で続編の制作が続けられ、縁談は最終的に破談になった[1][18][19]。別れ際に男性から告げられた「誰とも結婚するな。死ぬまで仕事は辞めるな」という約束を貫いている[7]のは、相手への“責任感”と“誠意”だと語っている[4]

一方でイメージ打破のためノーギャラで出演した『大地の子守歌』では、ほのかな優しさを主人公に向ける農婦の役を演じた[16]1978年には宇崎竜童と組んで2人の主演映画をやりたいという自身のプランのもと製作された『曽根崎心中』では[20]、強い女の情念を演じて新境地を開拓し、国内の主要映画賞を複数受賞した[16][21]。同作品で楽曲提供で付き合いのあった宇崎竜童を俳優業に引き入れ、宇崎はこれを切っ掛けに異分野の交友を急増させた[22]1982年東映で映画化された『鬼龍院花子の生涯』は、元は梶が東映に企画を持ち込んだもの[23]

テレビドラマでは大映ドラマに多く出演したほか、『鬼平犯科帳シリーズ』での密偵・おまさ役で長年出演した。同シリーズの出演中は掛け持ちができず、本人の意思に反して多くのオファーを断らざるを得なかった。黒澤映画のオファーを二度も断っている[7]。「『梶には何を持って行っても断られる』という噂が浸透しちゃって。そんなことはないのに…。」と語っている[3]

かねてより尊敬していた中村吉右衛門主演で『鬼平犯科帳シリーズ』が制作される事をたまたま読んだ新聞で知り、プロデューサーに出演を直訴したという[24]

基本的に「作品は選ばない」ことを旨としているが、唯一、「日本語で演じ、歌うこと」にはこだわりを持つ[3]。そのため、世界的映画監督・マーティン・スコセッシはじめ海外からのオファーも「断ってる」と言い切った[25]

若手時代から現代まで変わらぬスレンダー体型は役者としての大きな武器である[1]。健康維持には人一倍気を使い、スタイルを保つために大好物の甘いもの(銀座・木村屋總本店のあんぱんは昔から大好物[4]。)や肉類は極力我慢しているが、「それが一番きついんです」と茶目っ気たっぷりに話す[3]

人生のモットーは「媚びない めげない くじけない」[4][7]

歌手としても前述の楽曲を歌い、これらは2000年代以降にCDで次々と復刻発売されている。2009年6月24日には25年ぶりの新曲『女をやめたい』をリリースし、2011年5月25日には31年ぶりのオリジナル・アルバム『あいつの好きそなブルース』をリリースした。

ヴァーナルの対談番組、及び『ぴったんこカン・カン』で「お酒は一滴も飲めない」と語っている。

実妹の太田とも子は元歌手で、『野良猫ロック』では姉妹共演を果たした他『とおく群衆を離れて』『恋はまっさかさま』などのシングル曲を出し、また「有沢とも子」の名義では『抱きしめて』『恋のおとずれ』などを出している。

あこがれのスポーツ選手の内一人は花田勝

1970年代にプログラムピクチャーを量産する東映とはケンカ別れの形となったが[16]、今は岡田茂東映社長から言われた「傑作や名作はオレたちが作るんじゃない。お客さんが作るんだ。映画は多くさんのお客さんに観て頂いてヒットした映画が傑作であり名作なんだよ」という言葉を肝に銘じて、生涯娯楽作品に挑みたいと話している[19][26][27]

実家は神田の老舗寿司屋と伝えられてきたが、本人によるとこれは事実ではないという。父親は和食の料理人だった[28]が、日活への入社時にその事を宣伝部に伝えると「料理人じゃ面白くない。神田の出身だから、寿司屋でいこう。」となり、以降そのような略歴が記載された[29]

2017年に6年ぶりとなるシングル「凛」をリリース。また、2018年3月に43年ぶりとなるオリジナル・フルアルバムを発表する。ロックテイストを盛り込んだ作品をプロデュースしたのは、ミュージシャンであり音楽プロデューサーも務める鈴木慎一郎。43年前に梶のプロデューサーを務めた鈴木正勝の子息である[30]

2020年5月15日、YouTubeの公式チャンネルを開設した。動画の音楽と聞き手は作曲家の伊左治直が担当する[31]

2021年3月、3年ぶりとなるアルバム「恋は刺青」をリリースする予定であったが、3月4日に発売を中止する旨を自身のブログ及びTwitteにて発表した。また、ブログ及びTwitterについても、同年3月7日をもって閉鎖することを併せて発表した[32]。 事の発端は、パソコン操作が出来ない梶に代わってブログやSNSなどの管理を担っていた知人女性の夫である伊左治直が、増村保造監督が梶のために遺した詩に曲をつけたアルバム制作を提案したことに遡る。2020年5月に起ち上がった企画であったが、肝心の楽曲が一向に出来上がってこない。数ヶ月催促した挙句にようやく手元に届いた曲は、梶がそれまで歌ってきた歌謡曲と異なる曲調であった。イメージと掛け離れた楽曲に戸惑うも、一度はアルバム制作に同意したのであるから…とレコーディングを行った。アルバムを発売するにあたりプロモーションの一環として梶の代表曲「修羅の花」の一部だけを公式YouTubeチャンネルにて2021年2月27日から公開することを容認した。しかし、僅か3日後の3月2日に収録曲のダイジェストが投稿されたことに梶は「信義が守られなかった」と怒り、アルバムの発売中止及びSNSの閉鎖を通告したという[33]

出演編集

映画編集

「太田雅子」名義(映画)編集

「梶芽衣子」名義(映画)編集

テレビドラマ編集

「太田雅子」名義(テレビドラマ)編集

「梶芽衣子」名義(テレビドラマ)編集

音楽番組編集

劇場アニメ編集

バラエティ編集

CM編集

著書編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
テイチクレコード
1970年7月5日 EP SN-975 A 仁義子守唄 たちばなじゅん 春川一夫 山田栄一
B 恋に命を 堀はじめ 山倉たかし
1971年3月5日 EP SN-1075 A 命の涙 池田充男 野崎真一 山倉たかし
B 悲しい笑顔 二条冬詩夫 村沢良介
1971年7月5日 EP SN-1148 A 浜辺のメルヘン 小川亜矢子 曽根幸明
B 愛への期待 滝田順
1972年3月5日 EP SN-1226 A 銀蝶渡り鳥[注 2] 川内康範 曽根幸明
B 銀蝶ブルース[注 3]
1972年12月1日 EP SN-1287 A 怨み節[注 4] 伊藤俊也 菊池俊輔
B 女の呪文[注 5]
1973年4月15日 EP SN-1309 A 芽衣子のふて節 曽根幸明

保科幸雄

小谷充
B おんなはぐれ唄
1973年9月1日 EP SN-1321 A やどかり 阿久悠 中村泰士 竜崎孝路
B かきおき
1973年7月10日 EP SN-1322 A はぐれ節 大谷実 大野雄二
B 牙のバラード
1973年12月25日 EP SN-1376 A 修羅の花[注 6] 小池一雄 平尾昌晃 竜崎孝路
B ほおやれほ…… 長田紀生 広瀬健次郎
1974年3月25日 EP SN-1392 A ジーンズぶるうす[注 7] 吉田旺 井上忠夫 竜崎孝路
B 因果花
1974年11月25日 EP SN-1426 A この新しい朝に 津坂浩 道夕介 青木望
B 雨の夜あなたは なかにし礼 かまやつひろし 矢野立美
ポリドール・レコード
1975年9月21日 EP DR-1978 A 命日 浅木じゅん 新井利昌 畠山明博
B あかね雲
1977年2月21日 EP DR-6074 A 欲しいものは 阿木燿子 宇崎竜童 小六禮次郎
B 今更叱らないでください〜恋文〜 いまむられいこ 井上忠夫 松井忠重
1977年9月21日 EP DR-6148 A 袋小路三番町 阿木燿子 宇崎竜童 千野秀一
B 残り火
1978年5月21日 EP DR-6204 A あかね雲 浅木しゅん 新井利昌 畠山明博
B 元町シャンソン
1979年7月21日 EP DR-6339 A 晩夏 吉田旺 杉本真人 小六禮次郎
B 陽よけめがね 小野崎孝輔
1980年5月21日 EP DR-6408 A 酒季の歌 菅野さほ子 新井利昌 京建輔
B ああ いいお酒
1981年11月1日 EP 7DX-1138 A 熱い酒[注 8]
B 長崎はアジサイ模様の哀愁
EPICソニー
1984年12月21日 EP 07-5H-226 A 乾いた華 杉本真人
B 霧雨ホテル
テイチクレコード
1994年7月21日 8cmCD TEDA-10314 1 不思議ね
2 舟にゆられて
2009年6月24日 CD TECA-12187 1 女をやめたい 朝比奈京子 杉本真人 櫻庭伸幸
2 思い出日和
FIX LABEL
2017年3月22日 CD QFCV-20016 1
2 思い出日和

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

発売日 規格 規格品番 アルバム
テイチクレコード
1972年7月1日 LP CF-13 銀蝶渡り鳥

Side:A

  1. 銀蝶渡り鳥(3:10
  2. 仁義子守唄(3:18
  3. 恋に命を(3:18
  4. 銀蝶ブルース(2:52
  5. はこだて物語(3:37
  6. 命の涙(3:27

Side:B

  1. 浜辺のメルヘン(3:06
  2. 夜霧のすきな貴方(3:30
  3. 悲しい笑顔(3:41
  4. 心のこり(3:00
  5. 嫉妬(3:08
  6. 愛への期待(2:24
1973年6月1日 LP CF-33 梶芽衣子のはじき詩集

Side:A

  1. 芽衣子のふて節(3:10
  2. わらの上(3:45
  3. おんな叛き唄(3:32
  4. ひずみ燃え(2:53
  5. おんな渇き唄(3:47
  6. おんなはぐれ唄(3:04

Side:B

  1. ひとり風(3:17
  2. 女の呪文(2:51
  3. 別にどうって事でもないし(2:43
  4. にごり女(2:51
  5. 悲しくないからふしあわせ(3:17
  6. 怨み節(3:33
1973年11月 LP CDX-2518[注 9]
1974年4月25日 LP CF-48 男・女・こころの哀歌

Side:A

  1. アカシヤの雨が止む時
  2. 芽衣子の夢は夜ひらく
  3. 女心の唄
  4. 銀座の蝶
  5. 新宿ブルース
  6. カスバの女

Side:B

  1. 東京流れもの
  2. 裏町人生
  3. 酒は涙か溜息か
  4. 男の純情
  5. 雨の屋台
  6. 知床旅情
1974年11月25日 LP CF-58 去れよ、去れよ、悲しみの調べ
ポリドール・レコード
1975年12月21日 LP MR-2281 きょうの我が身は……

Side:A

  1. ~きょうの我が身は~
  2. 蛍の橋
  3. あかね雲
  4. 知らぬ顔
  5. 袂に春風
  6. 私のいいひと
  7. 震災まえ

Side:B

  1. 今更なんて叱らないで下さい ~恋 文~
  2. 淋しき夕べ
  3. 海ほおずき
  4. 日暮れ道
  5. 命日
  6. きょうの我が身は
2006年2月15日 CD VSCD-3473
1978年8月21日 LP MR-3134 あかね雲

Side:A

  1. あかね雲(3:48
  2. 残り火(3:44
  3. 蛍の橋(4:18
  4. 袋小路三番町(3:32
  5. 欲しいものは(4:01
  6. 命日(3:17

Side:B

  1. 影の栖(3:21
  2. ジグザグ模様(3:27
  3. レディーブルー(3:29
  4. 元町シャンソン(2:59
  5. 旅立ち(3:13
  6. 海ほおずき(3:03
1979年11月21日 LP MR-3212 別れ 怨み 涙うた

Side:A

  1. 晩夏
  2. 残り火
  3. 命日
  4. 欲しいものは
  5. 陽よけめがね
  6. あかね雲

Side:B

  1. 怨み節
  2. 一度だけなら
  3. ざんげの値打ちもない
  4. 昔の名前で出ています
  5. くれないホテル
  6. 長崎の夜はむらさき
1980年10月28日 LP 28MX-1017 酒季の歌

Side:A

  1. 酒季の歌
  2. みちづれ
  3. しんみりと
  4. 長崎はアジサイ模様の哀愁
  5. あかね雲
  6. 怨み節

Side:B

  1. 舟唄
  2. ああ いいお酒
  3. 泣き虫弱虫ネオン虫
  4. 夢追い酒
  5. 初恋隆吉節
  6. 潮鳴りの宿
テイチクレコード
2011年5月25日 CD TECH-23225 あいつの好きそなブルース
  1. あやまち(3:07
  2. 一番星ブルース(3:25
  3. あいつの好きそなブルース(4:29
  4. 袋小路三番町(3:31
  5. 朝顔・夕顔(4:20
  6. あゝブルース(3:44
  7. しなやかにしたたかに(4:21
FIX LABEL
2018年4月18日[注 10] CD OCCF-0001 追憶

※ 43年ぶりのオリジナルフルアルバム[36]

  1. 凛(3:46
  2. 触れもせず(3:01
  3. ブレナイ(4:22
  4. ひらひら(4:22
  5. 約束(3:57
  6. 追憶(4:36
  7. うたげ(3:40
  8. ゆれる(4:18
  9. 怨み節(3:32
  10. 役者(3:06

ベスト・アルバム編集

発売日 規格 規格品番 アルバム
1972年12月25日 LP CF-26 梶芽衣子の魅力

Side:A

  • 女囚701号さそり

Side:B

  • 銀蝶流れ者 牝猫博奕
1973年10月25日 LP CF-37 ゴールデンスター・カスタム・デラックス

梶芽衣子オリジナルベスト12

やどかり

Side:A

  1. やどかり
  2. 落日
  3. 私うまれてしあわせ
  4. 山猫
  5. 蟻地獄
  6. かきおき

Side:B

  1. はぐれ節
  2. あやとり
  3. 「嗚呼・・・」
  4. ある出逢い
  5. おんな願い唄
  6. 牙のバラード
1974年5月25日 LP SL-220-21 ゴールデンスター・ツイン・デラックス

Side:A

  1. 怨み節(3:33
  2. おんな叛き唄(3:32
  3. 女の呪文(2:51
  4. わらの上(3:45
  5. おんなはぐれ唄(3:04
  6. 芽衣子のふて節(3:10

Side:B

  1. アカシヤの雨が止む時(4:08
  2. 芽衣子の夢は夜ひらく(3:56
  3. 知床旅情(4:12
  4. 東京流れもの(2:41
  5. 銀座の蝶(3:39
  6. カスバの女(4:09

Side:C

  1. ジーンズぶるうす(3:31
  2. 修羅の花(3:49
  3. 落日(3:07
  4. 山猫(2:54
  5. かきおき(3:27
  6. やどかり(3:24

Side:D

  1. 女囚701号「さそり」より(22:43
LP GM-7 ベスト歌謡16

Side:A

  1. 怨み節(3:33
  2. ひとり風(3:17
  3. 女の呪文(2:51
  4. わらの上(3:45
  5. 芽衣子のふて節(3:10
  6. あやとり(3:34
  7. 「嗚呼…」(3:37
  8. やどかり(3:24

Side:B

  1. ジーンズぶるうす(3:31
  2. 修羅の花(3:49
  3. おんなはぐれ唄(3:04
  4. 落日(3:07
  5. 悲しくないからふしあわせ(3:17
  6. おんな叛き唄(3:32
  7. かきおき(3:27
  8. 山猫(2:54
2001年12月19日 CD UPCH-8019 スーパー・バリュー 梶芽衣子
2004年3月24日 CD TECE-30463 梶芽衣子 全曲集
  1. 怨み節(3:36
  2. 女の呪文(2:54
  3. 修羅の花(3:51
  4. やどかり(3:26
  5. ジーンズぶるうす(3:35
  6. 因果花(4:03
  7. 銀蝶渡り鳥(3:12
  8. 女願い唄(3:37
  9. 別にどうって事でもないし(2:46
  10. 酒季の歌(4:08
  11. あかね雲(3:43
  12. 残り火(3:46
  13. 命日(3:23
  14. 海ほおずき(3:02
  15. 舟にゆられて(2:57
  16. 別れ話なんか(2:29
  17. 雨の夜あなたは(3:38
  18. 南風(3:13
  19. 晩夏(3:57
  20. 芽衣子の夢は夜ひらく(3:53

企画アルバム編集

発売日 規格 規格品番 アルバム
2010年3月24日 CD TECS-18441 梶芽衣子ベスト・コレクション

※ 歌手40年記念の7枚組CD・BOX。

※ 1970年のデビュー曲「仁義子守唄」から、大ヒット曲「怨み節」「修羅の花」、2009年6月リリースのシングル「女をやめたい」まで収録。

受賞編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ シリーズは全5作だが、第1作のみ主演は和田アキ子[11]。二作目以降が梶の主演。
  2. ^ 東映映画『銀蝶渡り鳥』主題歌。
  3. ^ 東映映画『銀蝶渡り鳥』挿入歌。
  4. ^ 東映映画『女囚さそり』シリーズ主題歌。
  5. ^ 東映映画『女囚さそり』シリーズ挿入歌。
  6. ^ 東映映画『修羅雪姫』主題歌。
  7. ^ 東映映画『ジーンズブルース 明日なき無頼派』主題歌。
  8. ^ 天照イメージソング。
  9. ^ 『怨み節 梶芽衣子ヒットアルバム』のタイトルで、4チャンネルレコードとして再発。
  10. ^ 先行発売:2018年3月4日。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.70.
  2. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報社、1980年、188-189頁。
  3. ^ a b c d e f g 女優、梶芽衣子がタランティーノ監督に放った一言とは 映画「罪の声」で健在ぶりをアピール:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年1月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Ms Wendy|分譲マンションと生活に関する情報 Wendy-Net 353号 注目の人 女優・歌手/梶 芽衣子さん”. www.wendy-net.com. 2021年1月8日閲覧。
  5. ^ a b c “太田雅子 女番長ハッスル 二作目『…野郎狩り』で主役”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社): p. 10. (1969年5月15日) 
  6. ^ NHK. “梶芽衣子|NHK人物録” (日本語). NHK人物録 | NHKアーカイブス. 2021年1月8日閲覧。
  7. ^ a b c d MAGAZINE, P+D (2018年8月14日). “梶芽衣子、七十歳の自伝『真実』 | P+D MAGAZINE” (日本語). pdmagazine.jp. 2021年1月8日閲覧。
  8. ^ 日本経済新聞私の履歴書」。
  9. ^ a b c d 「〈ニューズ オブ ニューズ〉 ポストお竜は緋桜のナミで」『週刊読売』1972年2月5日号 p.32、読売新聞社
  10. ^ a b c d e 『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol. 2』シンコーミュージック・エンタテイメント、2005年、23-40頁「梶芽衣子インタビュー」。ISBN 978-4-401-75101-3
  11. ^ 梶芽衣子「あいつの好きそなブルース」(10)『東京スポーツ』連載、2011年5月25日。
  12. ^ a b 70年代シネマ女優たち 梶芽衣子 | アサ芸プラス
  13. ^ 「製作ニュース 藤田敏八監督の『修羅雪姫』」『キネマ旬報』1973年2月下旬号、キネマ旬報社、 167–168頁。
  14. ^ 梶芽衣子「あいつの好きそなブルース」(19)『東京スポーツ』連載、2011年6月9日。
  15. ^ a b 福岡翼「インタビュー・シリーズ2 梶芽衣子・栗原小巻・倍賞千恵子に聞く 『さそり』『忍ぶ川』『男はつらいよ』の三女優」『キネマ旬報』1973年4月下旬号、キネマ旬報社、 87頁。
  16. ^ a b c d 【バック・トゥ・ザ報知映画賞】第3回(78年)主演女優賞・梶芽衣子” (2015年10月19日). 2015年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月24日閲覧。
  17. ^ 『朝日新聞』夕刊、2013年4月24日号「(人生の贈りもの)女優・梶芽衣子:3」
  18. ^ 東京スポーツ』2011年6月8日 - 10日付「梶芽衣子 あいつの好きそなブルース」(16) - (20)。
  19. ^ a b 「女をやめたい」梶芽衣子4 梶芽衣子 オフィシャルブログ 2009-06-09(Internet Archive)
  20. ^ 藤井浩明監修 『映画監督増村保造の世界』(1999年)ワイズ出版、515頁。
  21. ^ 朝日新聞』夕刊、2013年4月25日号「(人生の贈りもの)女優・梶芽衣子:4」
  22. ^ 連載「芸能生活40年・宇崎竜童 運がよければ」(34) - (45)「東京スポーツ」、2011年12月6~23日。
  23. ^ 週刊現代』、講談社、2010年1月23日、 62-67頁。「東映伝説のプロデューサー日下部五朗の『無頼派活動屋人生』」『東京スポーツ』2010年4月6日 - 4月30日、高岩淡『銀幕おもいで話』双葉社、2013年、166-175頁。ISBN 4-5757-14-01-1
  24. ^ 「鬼平犯科帳」おまさ役・梶芽衣子と行く「舞台裏」見学ツアーin松竹撮影所 online” (日本語). スカパー!. 2021年7月6日閲覧。
  25. ^ 梶芽衣子、スコセッシからのオファーを断っていた「英語の芝居なんかできない」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年1月8日閲覧。
  26. ^ 梶芽衣子「あいつの好きそなブルース」(18)『東京スポーツ』連載、2011年6月8日。
  27. ^ 『朝日新聞』夕刊、2013年4月26日号「(人生の贈りもの)女優・梶芽衣子:5」
  28. ^ 70歳を過ぎてなお人気の高い梶芽衣子。父はアメリカのTVで料理を教えていた” (日本語). ライブドアニュース. 2021年1月8日閲覧。
  29. ^ 徹子の部屋』 2015年2月9日放送
  30. ^ 梶芽衣子43年ぶりオリジナルアルバム発表、新宿でコンサート”. 音楽ナタリー (2018年2月2日). 2018年2月3日閲覧。
  31. ^ Inc, Natasha. “梶芽衣子「YouTuberになります」公式YouTubeチャンネルで“ぶっち斬りトーク”(動画あり)” (日本語). 映画ナタリー. 2021年1月8日閲覧。
  32. ^ 梶芽衣子突然発表 新アルバム発売中止とブログ閉鎖”. 日刊スポーツ (2021年3月5日). 2021年3月6日閲覧。
  33. ^ 「引退なんてしません」梶芽衣子が語った「アルバム発売中止」トラブルの真相”. 文春オンライン (2021年3月10日). 2021年3月19日閲覧。
  34. ^ 『朝日新聞』1969年7月29日付朝刊9面、ラジオ・テレビ欄。
  35. ^ 『毎日新聞』1971年11月10日付朝刊24面、ラジオ・テレビ欄。
  36. ^ [梶芽衣子 梶芽衣子 オフィシャルサイトnews 2018-03-11](Internet Archive)
  37. ^ 長澤まさみ主演『MOTHER マザー』 毎日映画コンクール日本映画大賞”. ORICON NEWS. オリコン (2021年1月22日). 2021年2月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集