メインメニューを開く

日時計』(ひどけい)は、日本ラジオドラマ作品。シナリオバンク、プレイワークス(主宰:岩井俊二)によるプレイワークスプロジェクトラジオドラマ第4弾。

目次

概要編集

JFN系『円都通信 -YEN TOWN REPORT-』にて、2004年7月15日から2004年8月26日(メイキング放送含む)まで、全7話放送。2006年にはavex traxより1万枚限定でCD(CCCD仕様)が発売された。

なお、これが森顕一朗の脚本家デビュー作となる。

スタッフ編集

キャスト編集

ストーリー編集

福島県いわき市・なこそ高校、夏。陸上部に在籍する安部高志は、人間不信で無口。その為人から誤解されることも多い。そんな彼を理解しようとしていたのが、『自称・高志の彼女』の大原楓だった……。酒乱の父、仲間、ケンカ、陸上、そして、楓という女の子。いつもと変わらない夏のはずなのに、あの夏だけは、高志にとって一生忘れられないものに――。

関連項目編集

  • プレイワークス・ラジオドラマ第10弾 サブライム(脚本)

外部リンク編集