日本スケートボード協会

一般社団法人日本スケートボード協会(にほんスケートボードきょうかい)は、日本におけるスケートボード競技の国内競技連盟である。加盟していた国際スケートボード連盟は2017年、国際ローラースポーツ連盟と統合しワールドスケートとなった。2020年東京オリンピックで実施されるスケートボードの国際競技連盟はワールドスケート、国内競技連盟はワールドスケートジャパンである。2020東京オリンピックスケートボードに対して協力することは日本ローラースポーツ連盟(のちのワールドスケートジャパン)、日本スケートボーディング連盟とともに表明している[1]。略称AJSA

時々、大会ではジャッジの点数に対する不満が飛び交うことが多い[要出典]

沿革編集

  • 1982年3月 - 任意団体として全日本スケートボード協会設立
  • 2004年 - 法人化より有限責任中間法人日本スケートボード協会設立
  • その後、法人に関する法制の変化により、一般社団法人となった。
  • 2015年5月、日本ローラースポーツ連盟(のちのワールドスケートジャパン)にスケートボード委員会が設置され、日本スケートボード協会会長の宮沢武久が委員長の座に就く[2]
  • 2016年8月3日リオデジャネイロでのIOC総会でスケートボードが2020年東京オリンピックの追加種目に決定される。

大会編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京2020オリンピックに向け国内スケートボード団体が提携します!JRSF+AJSA+JSF Collaboration in Japan”. AJSA 一般社団法人 日本スケートボード協会. 日本スケートボード協会 (2016年9月17日). 2019年3月9日閲覧。
  2. ^ 荻島弘一 (2015年9月29日). “あれれ?ローラースポーツがスケボーに…東京五輪”. nikkansports.com. 日刊スポーツ. 2020年8月8日閲覧。

外部リンク編集