メインメニューを開く

日本ダイヤモンド株式会社(にっぽんダイヤモンド、英文名称NIPPON DIAMOND Co.,Ltd.)は、アスファルトコンクリートの切削に用いる土木建設用工具の製造販売を行う企業。社名が示すとおりダイヤモンド超硬工具を主力としているが、宝飾品としてのダイヤモンドは取り扱っていない。

日本ダイヤモンド株式会社
NIPPON DIAMOND Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
224-0054
神奈川県横浜市都筑区佐江戸町686-1[1]
設立 1917年12月[1]
業種 機械
法人番号 4020001009126
事業内容 土木建設用ダイヤモンド工具の製造販売
代表者 正富宏明(代表取締役社長)[1]
資本金 9,500万円[1]
従業員数 150名[1]
外部リンク www.nippondiamond.co.jp
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1917年大正6年)- 小林豊造により、日本初のダイヤモンド工具専門会社として東京の銀座で資本金50万円にて設立される[1]。当時の日本国内にはダイヤモンドを加工する技術がなかったため、ドイツベルギーの製品を輸入していた。
  • 1935年昭和10年)頃 - 宝飾品加工用を中心とした精密工具の開発に着手(現在は精密工具事業からは撤退)。
  • 1942年(昭和17年)- 第二次世界大戦時において海軍指定工場に認定される[1]
  • 1973年(昭和48年)- コンクリートカッターを開発、土木・建設用工具事業に参入する。
  • 1980年(昭和55年)- 通産省から道路用ブレードの委託研究を受託する[1]
  • 1993年平成5年)- 三菱マテリアルが完全子会社化する[1]
  • 2010年(平成22年)- 経営陣によるマネジメント・バイアウトによって三菱マテリアルから独立する[1]。窯業・耐火物市場、産業用工具市場に本格的に進出する[1]
  • 2012年(平成24年)- 三菱マテリアルからダイヤモンドホイール事業の譲渡を受け[2]、いわき工場にてメタル、レジン、ビトリファイドボンド及び電着製品の生産を開始する[1]

事業所編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 会社案内”. 日本ダイヤモンド株式会社. 2014年9月7日閲覧。
  2. ^ “ホイール製品事業の譲渡に関するお知らせ” (プレスリリース), 三菱マテリアル, (2012年7月25日), https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/01/01/12-0725.html 2014年9月7日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集