メインメニューを開く
日本大学 > 日本大学スポーツ科学部

日本大学スポーツ科学部(にほんだいがくスポーツかがくぶ、College of Sports Science, Nihon University)は、スポーツ科学を教育・研究する大学学部である。

概要編集

日本大学には、スポーツ科学部が設置される以前から、文理学部体育学科が既に存在しているが、同学部体育学科の場合は教員の育成を主体とした研究教育に対して、日本大学スポーツ科学部は、トップアスリートの養成を行っている[1]

大学に置かれる全学部の科目を履修できる相互履修制度があり、キャンパスに併設されている危機管理学部の科目を履修することも可能である[2]。入学後は日本大学保健体育審議会競技部をはじめとする各団体に所属する[2]

施設編集

危機管理学部とスポーツ科学部の施設は一体化した2棟である。

設備

  • グラウンド(東京都稲城市
    人工芝のサッカーコート(1面)の周囲に陸上競技トラックが敷設[3]
  • 低酸素室(三軒茶屋キャンパス)
    低酸素空気発生装置で酸素濃度の低い状態を人工的に出し、その中でトレーニング及び実験が可能な施設である[3]
  • 流水プール(三軒茶屋キャンパス)
    流水の抵抗を活かし、通常のプールよりも高い負荷をかけながらの水泳・トレーニングができる[3]

学科編集

所在地編集

場所・交通機関

学生寮編集

  • バンデリアン松戸(男子寮・千葉県松戸市)
  • レガーメリアン宮坂(女子寮・東京都世田谷区)
  • レガーメリアン赤堤(女子寮・東京都世田谷区)
  • 目黒(東が丘)学生寮(仮称)(女子寮・東京都目黒区)

奨学金制度編集

  • 日本大学エヌドット奨学金
  • 日本大学校友会(奨学金付教育ローン)奨学金

関係者編集

著名な在校生編集

その他編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集