メインメニューを開く

特定非営利活動法人日本婦人科腫瘍学会(にほんふじんかしゅようがっかい)は、日本における婦人科腫瘍の診断や治療を専門とする婦人科医、病理医放射線科医などにより運営されている学術団体。会員数は2006年10月時点で2,300人超。平成16年12月に特定非営利活動法人(NPO)の認証を受けた。

英語名はThe Japan Society of Gynecologic Oncologyである。

沿革編集

  • 1975年(昭和50年) - 日本コルポスコピー研究会が創立。
  • 1982年(昭和57年) - 日本子宮頸部病理・コルポスコピー学会と改称。
  • 1983年(昭和58年) - 学会誌第1巻を発刊。
  • 1985年(昭和60年) - 日本婦人科病理・コルポスコピー学会と改称。
  • 1998年(平成10年) - 日本卵巣腫瘍病理研究会と合併し、日本婦人科腫瘍学会と改称。
  • 2001年(平成13年) - 日本婦人科腫瘍マーカー・遺伝子診断学会、日本婦人科悪性腫瘍化学療法学会、子宮癌研究会の3学会と合同合併。
  • 2004年(平成16年) - 特定非営利活動法人(NPO)の認証を受ける。


総会編集

学会誌編集

  • 「日本婦人科腫瘍学会雑誌」(年間4回発行)


入会金・年会費編集

  • 入会金 - 1,000円
  • 年会費 - 10,000円

専門医制度編集

  • 婦人科腫瘍専門医(2007年~)
  • 暫定指導医(専門医が育成されるまでの経過措置。資格取得後原則として5年で消滅する。)

治療ガイドライン編集

  • 卵巣がん治療ガイドライン2007年版(第2版)
  • 子宮体癌治療ガイドライン2006年版
  • 子宮頸癌治療ガイドライン2007年版

関連事項編集

外部リンク編集