日本航空115便しりもち事故

航空事故

日本航空115便しりもち事故(にほんこうくう115びんしりもちじこ、Japan Airlines Flight 115)は、1978年昭和53年)6月2日東京(羽田)大阪(伊丹)日本航空115便ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、大阪府豊中市蛍池西町の伊丹空港に着陸する際、機体尾部を滑走路面に接触させた(いわゆるしりもち着陸、以下「不良着陸」という)事故である。日本航空115便接触事故とも。

日本航空 115便
Japan Airlines Flight 115
JA8119 at Itami Airport 1984.jpg
事故機のJA8119(1984年
出来事の概要
日付 1978年6月2日
概要 操縦士によるパイロットエラー
現場 日本大阪府豊中市 大阪国際空港
乗客数 379[1]
乗員数 15
負傷者数
(死者除く)
25[2]
死者数 0
生存者数 394(全員)
機種 ボーイング747-SR
運用者 日本航空(JAL)
機体記号 JA8119
出発地 東京国際空港
目的地 大阪国際空港
テンプレートを表示

目次

概要編集

死者はいなかったが、不良着陸後機体がバウンドしたことで、3名の負傷者を出した。この事故における修理ミスは、後の1985年(昭和60年)8月12日に発生した、単独機で世界最悪の航空事故死者数を記録した「日本航空123便墜落事故」の原因となっていたことが判明している。

すなわち、今回の不良着陸により機体尾部の圧力隔壁が破損。製造元のボーイングに修理を依頼したが、その修理に欠陥があり、修理箇所に金属疲労が発生。金属疲労を起こした修理箇所が、与圧によって破壊され、垂直尾翼と補助電源装置の脱落、油圧系統の全喪失に至ったものである。同事故については、該当記事を参照のこと。

事故機編集

事故機は、今回の事故を含め計3回の事故を起こしている。

事故後の経過編集

 
不適切な修理の図解

JALは、今回の不良着陸で損傷した圧力隔壁など機体尾部の修理を、ボーイングに依頼したが、同社のエンジニアによる圧力隔壁の修理に欠陥があり、損傷した圧力隔壁の交換部分との繋ぎ目に挟む部材が、途中で2枚にカットされていたため、本来2列必要なリベットが1列分しか利かない状態になっていた。また、その後のJALの検査では、欠陥修理部分が他の部材に覆われて見えなくなっていたため、欠陥修理は発見できなかった。これらの要因によって、後日のJAL123便として運用中に生じた事故を防げなかったのである。

脚注編集

関連項目編集