メインメニューを開く
第二次世界大戦 > 太平洋戦争 > アリューシャン方面の戦い > 日本軍によるアッツ島の占領

日本軍によるアッツ島の占領は、第二次世界大戦中のアラスカのアリューシャン列島の侵略の結果として生じた。大日本帝国キスカ島侵略と同時に1942年6月6日に島に上陸した。キスカ島とともに、アメリカ合衆国本土が対外勢力により占領されたのは1812年の米英戦争以来初めてのことであった。この占領は1943年5月30日のアッツ島の戦い連合軍の勝利により終了した。

アッツ島占領
A6M2-N Rufes Holtz Bay 1942.jpg
1942年11月7日、4機の日本の水上機がアッツ島のホルツ湾に着陸した。写真はアメリカの監視航空機により撮影された。
戦争太平洋戦争
年月日1942年6月6日 - 1943年5月30日
場所アッツ島アメリカ
結果:日本軍の占領開始
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
指導者・指揮官
大日本帝国 穂積松年
大日本帝国 山崎保代
大日本帝国 細萱戊子郎
アメリカ合衆国 N/A
戦力
1,140 - 2,900 N/A
損害
不明 1人の一般人死亡
46人の市民が捕虜となる
アリューシャン方面の戦い

占領編集

1942年5月、日本軍はミッドウェーに対抗する作戦を始めた。その目的は島々を占領し太平洋に残っているアメリカ海軍を全滅させることであった。アメリカの太平洋艦隊を欺くためにアリューシャンでの攻撃が命じられ、これによりアリューシャン列島での戦いが始まった。ミッドウェー海戦の間、日本軍は断行により撃退されるもその間の6月6日に細萱戊子郎のもと日本海軍はキスカ島とアッツ島に無抵抗で上陸した。穂積松年少佐の下にある1,140の歩兵からなる部隊が島を占領し、アッツの人々を捕虜にした。捕虜の内訳は45人のアレウト族、2人の白人アメリカ人であるアマチュア無線技士で天気を報告していたチャールズ・フォスター・ジョーンズ(1879-1942、元はオハイオ州St. Paris生まれ)とその妻で教師で看護婦のエッタ(1879-1965、元はバインランド生まれ)[1]であった。その村はChichagof港周辺のいくつかの家からなっていた。日本の侵略から生き残った42人のアレウト族は北海道小樽近くの収容所へ連れていかれた。そのうち16人が収容中に亡くなっている[2]。チャールズは日本軍侵攻後すぐに日本軍により殺されている。妻のエッタはその後横浜にありパプアニューギニアでのラバウルの戦いにおけるオーストラリアの捕虜が収容されていたバンドホテルに連れていかれた。しばらくして彼女とオーストラリアの捕虜は1942年から44年まで横浜ヨットクラブに連れていかれ、1944年から45年までは戸塚の収容所に留まり1945年8月に解放された。エッタは1965年12月にフロリダ州ブレイデントンで86歳で亡くなった[3]

 
日本軍により占領されアッツ島の戦いで奪還されたアッツ村

上陸後、兵士たちは空軍基地要塞の建設を始めた。最も近いアメリカ軍はUnalaska島のダッチハーバーアダック島の空軍基地であった。占領の間アメリカ空軍と海軍は島を爆撃した。当初日本軍はアリューシャンの占有は1942年冬までの予定であったが、アメリカ軍による島の使用を否定するために占領は1943年まで続いた。1942年8月、アッツの駐屯地はキスカに移され、疑わしいアメリカの攻撃を撃退するのを助けた。1942年8月から10月まで山崎保代大佐の下2,900人の部隊が到着するまで占領されていない状態であった。新たなアッツの駐屯地は1943年5月11日、15,000人のアメリカ軍が到着するまで飛行場と要塞の建設を続けていた。5月12日、I-31はChichagof港の北東5マイルに浮上することを余儀なくされその後USSエドワーズとの水上交戦により沈没した。

 
連合軍によるアッツ島の解放の間に攻撃を受けるChichagof港

残りの日本軍が大量にバンザイ突撃を行った後、連合軍はJohn L. DeWitt将官の下5月30日に島を支配した。アメリカ軍は549人が死亡、1,148人が負傷し、2,100人が天候に関連する怪我により撤退した。アッツ島の戦いの後、日本軍は29人を除くすべてが殺害された。占領はアメリカ軍の勝利に終わり、アメリカ軍は半分完成した飛行場を理想的な位置にはないとみなした。新しい飛行場を建設したのち、アメリカ軍は残りの戦争の間続く日本本土に対しての爆撃機による攻撃を始めた[4]

アッツ村は戦後に放棄され、日本軍の生き残った人は戦後他の島へ移された。2012年、占領70周年により、アッツ村の記念碑が町のかつての場所にささげられた。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Mary Breu (2009) Last Letters from Attu, Alaska Northwest Books,
  2. ^ Chloe, John Haile (2017). Attu: The Forgotten Battle. National Park Service. pp. 32-33. ISBN 0996583734. 
  3. ^ Mary Breu (2009) Last Letters from Attu, Alaska Northwest Books, ISBN 0882408100
  4. ^ Brian Garfield, The Thousand-Mile War: World War II in Alaska and the Aleutians