日清紡メカトロニクス株式会社(にっしんぼうメカトロニクス、英語名: Nisshinbo Mechatronics Inc.)は、東京都中央区日本橋人形町本社を構える自動車部品・プラスチック成型品・工作機械製造会社である。愛知県岡崎市と静岡県浜松市の2カ所に製造拠点(事業所)を持つ。

日清紡メカトロニクス株式会社
Nisshinbo Mechatronics Inc.
ロゴ
Nisshinbo Industries, Inc. (head office).jpg
日清紡メカトロニクス本社。東京都中央区
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-8650
東京都中央区日本橋人形町2-31-11
設立 2009年平成21年)4月1日
業種 機械
法人番号 3010001123985 ウィキデータを編集
事業内容 特定産業用機械装置,一般産業用機械装置その他の機械装置,及びそれらの部品の開発,製造,加工,売買及び輸出入
資本金 40億円(2016年4月1日現在)
売上高 122億6000万円(2018年12月31日時点)[1]
営業利益 3億7200万円(2018年12月31日時点)[1]
経常利益 3億4800万円(2018年12月31日時点)[1]
純利益 2億0200万円(2018年12月31日時点)[1]
純資産 44億6300万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 205億5100万円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 単体 510名 連結 2,600名
(2016年3月1日現在)
決算期 3月
主要株主 日清紡ホールディングス
外部リンク http://www.nisshinbo-mechatronics.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

日清紡グループにおける工作機械部門として2009年4月に分社化される。専用機を主力事業とし、特に太陽電池モジュール製造設備が世界的なシェア・競争力を持っている。太平洋戦争中に航空機尾翼の製造を始めたことが事業の源流であり、半世紀以上にわたりタレットパンチプレスレーザー加工機、各種専用機を製造してきた。近年は自動車用電子制御ブレーキシステムであるABSTCSESCの機械加工も事業としている。

事業拠点編集

グループ会社編集

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集