メインメニューを開く

バイソン属(バイソンぞく、Bison)は、ウシ目(偶蹄目)ウシ科に分類される

バイソン属
生息年代: 更新世前期–現世, 2–0 Ma
アメリカバイソン
アメリカバイソン Bison bison
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : 反芻亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ウシ亜科 Bovinae
: バイソン属 Bison

目次

分類編集

バイソン属の発祥はアジア南方にあるとされ、現生種は大別して2種、絶滅種は大別して6種が確認されている。[1][2]現生種はどちらともステップバイソンヤクオーロックスと自然交配して派生したハイブリッドの子孫である。[3][4][5][6][7]

絶滅種編集

現生種編集

コーカサスバイソンの復元を目指して野生に放たれたヨーロッパバイソンとアメリカバイソンとのハイブリッドを新亜種 Bison bonasus montanusポーランド語版)とするべきだという意見もある。[10]

形態編集

現生種においては、同年代同士を比較した平均的な体重上の最大種はアメリカバイソンの一形態シンリンバイソンで体長240-380cm。尾長90cm。体高195-201cm。体重500-1179kg。[11]平均的な体重における最小種はヨーロッパバイソンで体長250-350cm。尾長80cm。体高180-210cm[2]。体重650-1350kg。頭骨は幅広いうえに短い。脊椎頸椎後部や胸椎前部)の突起が長いため、肩が隆起する。頭部から肩にかけて長い体毛で覆われる。

頭部には雌雄共に、皺や捻れのない短い角がある。角の断面は円形。

生態編集

森林草原に生息する。10-20頭の群れを形成して生活するが、繁殖期にはより大規模な群れを形成することもある。

食性は植物食で、、木の葉、果実などを食べる。

繁殖形態は胎生。1回に1頭の幼獣を産む。

分布編集

現生種はアメリカ合衆国カナダ南部、メキシコ(再導入)[12]、ヨーロッパ各地(ポーランド等)、ロシア南西部、サハ共和国(再導入)[13][14][15][16]に見られる。

一方、バイソン属の起源はオーロックス同様にアジア南方にあるとされ、かつてはユーラシア大陸等の広範囲にいたと思われる。[1][2]

日本列島においては、岩手県の花泉遺跡からはステップバイソンに近いと考えられる「ハナイズミモリウシ」がオーロックスと共に発掘されている。[17]また、栃木県から発掘された大型のバイソン属の化石は分類が不明だが、発掘された骨格は瀬戸内海(香川県小豆島沖)から発見された Bison occidental と似た数値を有している。[18]北海道からは、北広島市[19]および八雲町[20]からバイソン属の化石が発掘されている。

人間との関係編集

開発による生息地の破壊、乱獲、家畜との交雑などにより野生下で絶滅(ヨーロッパバイソン)、もしくはそれに近い状態まで生息数が激減(アメリカバイソン)した。前者は飼育下個体を繁殖させ再導入し、後者は生息地での保護により自然公園や自然保護区内である程度まで生息数が回復している。

画像編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Marsolier-Kergoat, Marie-Claude; Palacio, Pauline; Berthonaud, Véronique; Maksud, Frédéric; Stafford, Thomas; Bégouën, Robert; Elalouf, Jean-Marc (2015年6月17日). “Hunting the Extinct Steppe Bison (Bison priscus) Mitochondrial Genome in the Trois-Frères Paleolithic Painted Cave”. PLOS ONE 10 (6): e0128267. doi:10.1371/journal.pone.0128267. ISSN 1932-6203. PMC 4471230. PMID 26083419. オリジナルの16 May 2017時点によるアーカイブ。. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0128267. 
  2. ^ a b c Semenov U.A. (世界自然保護基金), 2014年, 「The Wisents of Karachay-Cherkessia」, ソチ国立公園議事録 (Issue 8), ISBN 978-5-87317-984-8, KMK Scientific Press
  3. ^ Guo, S.; Liu, J.; Qi, D.; Yang, J.; Zhao, X. (2006年). “Taxonomic placement and origin of yaks: implications from analyses of mtDNA D-loop fragment sequences”. Acta Theriologica Sinica 26 (4): 325–330. オリジナルの8 March 2012時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120308221242/http://english.mammal.cn/Magazine/show.aspx?id=2079. 
  4. ^ Soubrier, Julien; Gower, Graham; Chen, Kefei; Richards, Stephen M.; Llamas, Bastien; Mitchell, Kieren J.; Ho, Simon Y. W.; Kosintsev, Pavel et al. (2016年10月18日). “Early cave art and ancient DNA record the origin of European bison” (英語). Nature Communications 7: 13158. doi:10.1038/ncomms13158. ISSN 2041-1723. PMC 5071849. PMID 27754477. オリジナルの19 April 2017時点によるアーカイブ。. https://www.nature.com/articles/ncomms13158. 
  5. ^ The Higgs Bison - mystery species hidden in cave art, The University of Adelaide, (19 October 2016), https://www.adelaide.edu.au/news/news88542.html 2017年1月13日閲覧。 
  6. ^ Palacio, Pauline; Berthonaud, Véronique; Guérin, Claude; Lambourdière, Josie; Maksud, Frédéric; Philippe, Michel; Plaire, Delphine; Stafford, Thomas et al. (2017年1月1日). “Genome data on the extinct Bison schoetensacki establish it as a sister species of the extant European bison (Bison bonasus)”. BMC Evolutionary Biology 17 (1): 48. doi:10.1186/s12862-017-0894-2. ISSN 1471-2148. PMC 5303235. PMID 28187706. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5303235/. 
  7. ^ Marsolier-Kergoat, Marie-Claude; Palacio, Pauline; Berthonaud, Véronique; Maksud, Frédéric; Stafford, Thomas; Bégouën, Robert; Elalouf, Jean-Marc (2015年6月17日). “Hunting the Extinct Steppe Bison (Bison priscus) Mitochondrial Genome in the Trois-Frères Paleolithic Painted Cave”. PLOS ONE 10 (6): e0128267. doi:10.1371/journal.pone.0128267. ISSN 1932-6203. PMC 4471230. PMID 26083419. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4471230/. 
  8. ^ a b Biolib.cz, Genus - Bisons
  9. ^ a b c Castaños J., Castaños P., Murelaga X., 2016, "First Complete Skull of a Late Pleistocene Steppe Bison ( Bison priscus ) in the Iberian Peninsula", Ameghiniana, 53(5), pp.543-551, DOI: 10.5710/AMGH.03.06.2016.2995
  10. ^ Rautian, G. S.; Kalabushkin, B. A.; Nemtsev, A. S. (2000年). “A New subspecies of the European Bison, Bison bonasus montanus ssp. nov.”. Doklady Biological Sciences 375 (4): 563–567. 
  11. ^ Gennady G. Boeskorov, Olga R. Potapova, Albert V. Protopopov, Valery V. Plotnikov, Larry D. Agenbroad, Konstantin S. Kirikov, Innokenty S. Pavlov, Marina V. Shchelchkova, Innocenty N. Belolyubskii, Mikhail D. Tomshin, Rafal Kowalczyk, Sergey P. Davydov, Stanislav D. Kolesov, Alexey N. Tikhonov, Johannes van der Plicht, 2016, The Yukagir Bison: The exterior morphology of a complete frozen mummy of the extinct steppe bison, Bison priscus from the early Holocene of northern Yakutia, Russia, pp.7, Quaternary International, Vol.406 (2016 June 25), Part B, pp.94-110
  12. ^ Rurik List, Jesus Pacheco, Eduardo Ponce, Rodrigo Sierra-Corona, Gerardo Ceballos (2010年8月). “The Janos Biosphere Reserve, Northern Mexico”. The Journal of International Wilderness 16 (2). https://www.researchgate.net/publication/220048616 2018年12月1日閲覧。. 
  13. ^ CBC News, "Alberta bison bound for Russia", 14 February 2011
  14. ^ Edmonton Journal, "Elk Island wood bison big hit in Russia", Hanneke Brooymans, 5 August 2010
  15. ^ Edmonton Journal, "Bison troubles", CanWest MediaWorks Publications, 5 October 2006
  16. ^ CBC News, "More Alberta bison to roam Russia", 23 September 2013
  17. ^ 黒沢弥悦、モノが語る牛と人間の文化 ②岩手の牛たち、pp.29-31、LIAJ News No.109、奥州市牛の博物館
  18. ^ 長谷川善和, 奥村よほ子, 立川裕康, 2009年, 「栃木県葛生地域の石灰岩洞窟堆積物より産出したBison化石」, 第50項, 群馬県立自然史博物館研究報告(13), 47-52項
  19. ^ 北広島市, バイソンの頭骨片・28点(pdf)
  20. ^ 木村 方一, 2007年, 太古の北海道―化石博物館の楽しみ, 第9章 そのほかの化石の紹介 - 3. 野牛(バイソン)の化石/八雲町郷土資料館、ISBN-10:4894534193, ISBN-13:978-4894534193, 北海道新聞社

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集