メインメニューを開く

明子女王(あきこじょおう、寛永15年(1638年) - 延宝8年7月8日1680年8月2日))は、江戸時代前期の日本の皇族高松宮好仁親王の王女として生まれ、後西天皇女御となる。母は北ノ庄藩主・松平忠直の娘で徳川秀忠の養女の宝珠院寧子

明子女王

続柄 高松宮好仁親王の王女
称号 妙吉祥院聖輔義英太夫人
身位 女王
女御
出生 寛永15年(1638年
山城国
死去 延宝3年6月25日1675年8月16日
山城国
埋葬 不明
京都市北区龍光院
配偶者 後西天皇(第111代天皇
子女 第1皇子:八条宮長仁親王(第4代八条宮(桂宮)
第1皇女:誠子内親王
父親 高松宮好仁親王(初代 高松宮(有栖川宮)
母親 宝珠院寧子北ノ庄藩松平忠直の娘・徳川秀忠養女)
テンプレートを表示

父王の好仁親王は、明子女王の生まれた寛永15年(1638年)に、男子の無いまま薨去した。このため、後水尾天皇第6皇子の秀宮を親王宣下して良仁親王(ながひとしんのう:後西天皇)となし、高松宮を継承させた。その良仁親王の妃に明子女王は内定する。慶安4年(1651年)良仁親王の元服に伴い婚儀が行われ、御息所となり、3年後の承応3年(1654年)6月に八百宮(後の誠子内親王)を産む。同年9月20日後光明天皇が崩御、本来高貴宮(霊元天皇)が皇嗣と定められていたが、高貴宮はまだ幼少であったため、良仁親王が皇位に就くこととなった。親王は同年11月に践祚し、明暦元年(1655年)1月に即位する。明子女王はその年の5月14日長仁親王(後、八条宮を継承する)を産む。後西天皇即位後、明子女王は女御宣下のないまま女御と称されていたが、明暦2年(1656年)に女御宣下される。寛文3年(1663年)正月、後西天皇が霊元天皇に譲位する。

明子女王は延宝8年(1680年7月8日、病が元で43歳で薨去、妙吉祥院聖輔義英太夫人とされる。墓所は京都市北区龍光院