明暗寺(みょうあんじ)は、京都市東山区にある普化正宗総本山の寺院。山号は虚霊山。本尊は虚竹禅師像。尺八根本道場。時代劇でよく虚無僧が「明暗」という文字を掲げた偈箱を着けており、一見宗教的な意味を持っているように見えるが、実際は「私は明暗寺の所属である」という程度の意味である。

明暗寺
Myoanji.jpg
山門
所在地 京都府京都市東山区本町十五丁目797番地
位置 北緯34度58分43.4秒 東経135度46分23.2秒 / 北緯34.978722度 東経135.773111度 / 34.978722; 135.773111座標: 北緯34度58分43.4秒 東経135度46分23.2秒 / 北緯34.978722度 東経135.773111度 / 34.978722; 135.773111
山号 虚霊山虛靈山
宗派 普化正宗普化宗
寺格 総本山
本尊 虚竹禅師像
創建年 建武2年(1335年
開基 天外明普虚竹了円(開山)
正式名 虚霊山明暗寺
虛靈山明暗寺
法人番号 9130005001856 ウィキデータを編集
明暗寺の位置(京都市内)
明暗寺
テンプレートを表示

歴史編集

建武2年(1335年)、天外明普虚竹了円を開山と仰ぎ、京都三条白川に創建した。明治4年(1871年)に廃仏毀釈により廃宗廃寺となったが、寺が所蔵していた虚竹了円禅師像などが東福寺塔頭である善慧院(ぜんねいん)に預けられ、明治23年(1890年)、「明暗教会」として復興。さらに昭和25年(1950年)に善慧院に間借りする形で「宗教法人普化正宗明暗寺」として再興された。善慧院には和尚(善慧院住職)と明暗尺八の法系を継ぐ尺八看首がいる。

関連項目編集

外部リンク編集