メインメニューを開く

明法寮

司法省内に設置された法学教育機関

明法寮(めいほうりょう、1871年-1875年)は、日本司法省に設置された学校。司法省明法寮ともいう。


目次

沿革編集

明治4年1871年)、法律実務の専門家を養成する機関として、司法省に設けられ、江戸幕府洋学所の伝統を引き継ぐ当時の大学南校から優秀な生徒を引き抜いて、フランス式の法曹教育を始めた。1872年(明治5年)にはジョルジュ・ブスケが、翌1873年(明治6年)にはギュスターヴ・エミール・ボアソナードを迎え、フランス語による本格的な法学教育が開始され、法律実務を担う法律家の養成に乗り出すこととなった。

1875年(明治8年)に司法省法学校(本科・予科)に発展解消した。

主な人物編集

参考文献編集

関連項目編集