明科廃寺

長野県安曇野市にあった寺院

明科廃寺(あかしなはいじ)は、長野県安曇野市明科中川手にある古代寺院跡。

地図

概要編集

1953年に発見され、原嘉藤らにより2回にわたり発掘調査が行われ[1]1999年に第3次発掘調査、2015年に第4次発掘調査、2018年に第5次発掘調査が行われた結果、信濃国内で最初期の仏教寺院の存在が確認された[2]。遺構としては倉庫等の瓦葺建物跡が発見されている。出土品には多数の土師器須恵器灰釉陶器、白鳳時代から平安時代にかけての素弁八葉蓮華文瓦、鐙瓦、軒瓦、布目瓦、礫敷などがあり、特に鴟尾、鬼瓦からは堂舎の壮大さが伺え、また推定2メートルに及ぶ瓦塔片の発見は特筆される。

一志茂樹によれば、古代東山道の要衝としての瓦塔を安置した堂舎跡とも推定され、古代安曇郡郡寺、前科郷の郷寺の有力な比定地である[3]

脚注編集

  1. ^ 東筑摩郡・松本市・塩尻市誌 p.512
  2. ^ 明科廃寺が造られた時代
  3. ^ 東筑摩郡・松本市・塩尻市誌 p.673

参照編集

  • 「東筑摩郡・松本市・塩尻市誌 第2巻 歴史 上」1973年
  • 「長野県百科事典」信濃毎日新聞社 1981年

外部リンク編集

座標: 北緯36度21分13秒 東経137度55分43秒 / 北緯36.35361111度 東経137.92861111度 / 36.35361111; 137.92861111