メインメニューを開く

星善博(ほし よしひろ、1958年1月28日 - )は、栃木県今市市(現・日光市)生まれの詩人。詩作のほか朗読活動も行っている。日本人の出自の原点を模索する詩を書き続けている。現在は埼玉県越谷市在住。日本ペンクラブ日本詩人クラブ日本現代詩人会日本文藝家協会、埼玉詩人会会員、詩誌「ここから」同人。

略歴編集

  • 1980年國學院大學文学部卒業。
  • 1996年8月22日26日、第16回「世界詩人会議」日本大会に事務局スタッフとして参加。於:前橋市
  • 1996年、詩集「けものすじ」(土曜美術社出版販売)刊。
  • 2004年、詩集「水葬の森」(土曜美術社出版販売)刊。
  • 2005年、詩集「水葬の森」で第15回「日本詩人クラブ新人賞」受賞。
  • 2005年6月11日、日本詩人クラブ宮崎大会にて自作詩朗読。於:宮崎観光ホテル
  • 2005年10月28日、「メキシコ詩人を囲む会」にて自作詩朗読。於:神楽坂エミール
  • 2005年11月17日、韓国の詩人、朴龍喆の生誕100周年記念「詩と歌の夕べ」で詩を朗読。主催:駐日韓国大使館、他。
  • 2006年、「第12回埼玉詩人賞」選考委員
  • 2006年5月28日、埼玉詩祭で「詩の未来に向けて」と題して講演と朗読。於:さいたま芸術劇場 映像ホール
  • 2006年6月、「現代日本生活語詩集」(澪標発行)に栃木県北部方言で書かれた「廃屋の秘密」「声」収載。
  • 2003年より埼玉県越谷市発行「川のあるまち」詩部門選考委員
  • 2007年11月、「続現代日本生活語詩集」に栃木県北西部方言で書かれた「願かけ荼毘の話」収載。
  • 2007年11月24日、「現代詩の魅力」と題して講演。春日部市教育委員会・共栄大学共催 公開講座
  • 2008年「日本詩人クラブ新人賞」選考委員 「第14回埼玉詩人賞」選考委員
  • 月刊「詩と思想」(土曜美術社出版販売)2009年3月号~2010年2月号まで「詩集評」担当
  • 2010年2月13日 東京大学駒場Ⅰキャンパス「ファカルティハウス」にて講演 演題「イメージと時空の交点」
  • 2010年11月3日 埼玉県浦和の別所沼会館にて、詩人立原道造についてのシンポジウムに参加。主催:ヒアシンスハウスの会
  • 2011年4月より「朝日新聞」詩の投稿欄の選と選評を担当
  • 2012年「日本詩人クラブ新人賞」選考委員
  • 2013年、詩集『静かにふりつむ命のかげり』(砂子屋書房)刊
  • 2014年8月28日 さいたま文学館にて講演 演題「吉野弘と秋谷豊」
  • 2015年3月29日 「第21回埼玉詩人賞」選考委員
  • 2017年3月30日  東京平和教会にて自作『水葬の森』朗読 天童大人プロデュース
  • 2017年7月21日 ギャルリー東京ユマニテにて自作『静かにふりつむ命のかげり』朗読 天童大人プロデュース
  • 2018年7月 詩「消える」で日本詩歌句随筆評論協会賞 受賞
  • 2019年 「日本詩人クラブ賞」選考委員長