メインメニューを開く

春名 直章(はるな なおあき、1959年4月16日 -)は、日本政治家。元衆議院議員(通算2期)。日本共産党中央委員、高知県委員長。

春名 直章
生年月日 (1959-04-16) 1959年4月16日(60歳)
出生地 岡山県
出身校 高知大学
前職 衆議院議員
現職 党中央委員
高知県委員長
所属政党 日本共産党
称号 教育学士
公式サイト 春名なおあきの〝行っちきち戻んちきち〟

選挙区 比例四国ブロック
当選回数 2回
テンプレートを表示

目次

略歴編集

岡山県生まれ。岡山県立林野高等学校高知大学教育学部卒業。在学中に日本共産党に入党[1]民青同盟中央副委員長等を歴任。1996年に行われた第41回衆議院議員総選挙高知県第3区から出馬。自由民主党から出馬した山本有二に大差で敗れるも比例復活により初当選。以後、2期連続当選[1]

議員在任中は農林水産委員会総務委員会憲法審査会等に所属[1]国会質問の常連として知られ7年間で246回の国会質問を行う[1]。2000年の第42回衆議院議員総選挙では比例四国ブロックから単独出馬し再選されるが2003年の第43回衆議院議員総選挙では比例四国ブロックの議席が獲得できず落選。2005年第44回衆議院議員総選挙では高知県第1区に国替えして出馬するも自由民主党から出馬した福井照に敗れ比例復活もできず落選。

2007年の第21回参議院議員通常選挙では比例区から出馬するも次々点で落選。

2009年の第45回衆議院議員総選挙では党内の事情により高知県第1区から単独出馬するも落選。

2010年の第22回参議院議員通常選挙では高知県選挙区から出馬するも落選。

2012年の第46回衆議院議員総選挙では、高知県第1区及び比例四国ブロックから重複立候補するも落選。

2014年の第47回衆議院議員総選挙では、高知県第1区及び比例四国ブロックから重複立候補するも落選[2]

2016年の第24回参議院議員通常選挙では比例区から出馬[3]するも落選。

2017年高知県委員長に就任。

政策編集

  • 憲法改正と集団的自衛権の行使に反対。憲法が自らの政治への原点と語る[4]
  • 原発は日本に必要ない[4]
  • TPP交渉から直ちに撤退することを求める[4]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同。「時代の流れ」と述べる[5]

脚注編集

  1. ^ a b c d 公式ホームページ プロフィール
  2. ^ 2014年衆議院議員総選挙【比例代表】四国(定数6)読売新聞2015年6月4日閲覧
  3. ^ 2016参院選 日本共産党 比例代表予定候補者
  4. ^ a b c 春名直章プロモーションビデオ公式ホームページ[リンク切れ]
  5. ^ 第154回国会 - 衆議院 - 憲法調査会基本的人権の保障に関する調査小委員会 - 3号 平成14年04月11日

外部リンク編集