メインメニューを開く

春姫 (如春尼)

平将門の娘

春姫(はるひめ、生没年不詳)は、平将門の娘(次女)で、平忠頼正室如春尼(にょしゅんに)とも。姉に五月姫(さつきひめ)、妹に如蔵尼がいたとされる。

生涯編集

父の将門が討伐された際は、下総国相馬郡岩井郷に隠れ住み、名を如春尼と改めて一族の菩提を弔ったとされる。妹の如蔵尼も、奥州に逃れた後に同地へ戻って父・将門の菩提を弔い国王神社を建立した。

春姫は大叔父の平良文の子で、従父の平忠頼の正室となり、平忠頼との間に平忠常将恒(将常)頼尊を生む。長男の忠常は千葉氏の祖、次男の将恒は秩父氏秩父平氏)の祖となり、三男の頼尊の子孫は中村氏を称した。秩父氏、千葉氏、中村氏は各地の大族として繁栄して後に多くの分流(相馬氏など)を出し、大同族を形成した。

参考文献編集