メインメニューを開く

平 将恒(たいら の まさつね)は、平安時代中期から後期の豪族武将桓武天皇6世で、武蔵国の名族・秩父氏の祖[1]将常とも。父は平忠頼、生母は平将門の娘・春姫。母方の祖父が平将門であり、将恒の「将」の諱も将門から引き継いだものと思われる。官位は武蔵権大掾

 
平将恒/平将常
時代 平安時代中 - 後期
生誕 寛弘4年(1007年)?
死没 天喜5年(1057年)?
別名 大蔵太郎、六郎、秩父将恒、秩父将常
官位 武蔵権大掾
氏族 桓武平氏秩父氏[1]
父母 父:平忠頼、母:春姫平将門の娘)
兄弟 忠常将恒頼尊
正室:武蔵武芝の娘
継室:平忠通の娘
秩父武基豊島武常小山田常任

概略編集

治安3年(1023年)、武蔵介藤原真枝勅命に反し武蔵国にて兵を起こした。将恒は藤原真枝征伐の命を受けて相模・上総の兵を率いて豊島で戦い、藤原真枝は自害、将恒はこれを鎮圧した功で駿河武蔵上総下総に領地を得たという。

長元元年(1028年)、兄の平忠常房総半島で大規模な反乱(平忠常の乱)を起こしたが、将恒はこれに加担せず、勢力を大きく減退させることはなかったと伝わる。

武蔵国秩父郡において秩父氏を称し、将恒の子孫は秩父平氏として武蔵国各地に勢力を拡大した。長男・武基の生母は武蔵武芝の娘(『西角井系譜』より)、次男・武常と三男・常任の生母は平忠通の娘とされる(『桓武平氏良文系全系図』より)。

前九年の役にて、51歳で戦死したと伝わる。

脚注編集

  1. ^ a b 『姓氏』(監修:樋口清之/著者:丹羽基二秋田書店)によると、秩父氏は秩父国造の末裔と記されている。

関連項目編集