メインメニューを開く

春山 成子(はるやま しげこ、1954年 - )は日本の地理学者。専門は河川地理学農学博士三重大学大学院生物資源学研究科教授。東京都生まれ。

春山 成子
(はるやま しげこ)
居住 日本の旗 日本
研究分野 東南アジア地域研究
河川地理学
防災科学
研究機関 早稲田大学
東京大学
三重大学
出身校 早稲田大学
東京大学大学院
主な業績 東南アジアの水問題に関する研究
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

来歴編集

1954年東京都浅草に生まれる[1]早稲田大学教育学部卒業後、同大学理工学総合研究所客員研究員を経て、1992年東京大学大学院農学系研究科農業工学専攻博士課程を修了、早稲田大学教育学部助教授、東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授等を経て、2007年より現職。他にIGU日本委員会委員長、日本地理学会理事等を務める。

著書編集

単著編集

  •  『災害軽減と土地利用』(古今書院、2011)
  •  『自然と共生するメコンデルタ』(古今書院、2009)
  •  『モンスーンアジアデルタの地形と農地防災』(文化書房博文社、2009)
  •  『棚田の自然景観と文化景観』(農林統計協会、2004)
  •  『ベトナム北部の自然と農業―紅河デルタの自然災害とその対策』(古今書院、2004)

共著編集

  •  『地形分類図の読み方・作り方』(古今書院、2004)
  •  『地理学概説』(文化書房博文社、1990)

共編編集

  • 『全世界の河川事典』(丸善出版、2013)
  • 『東南アジア (朝倉世界地理講座―大地と人間の物語)』(朝倉書店、2009)

脚注編集