メインメニューを開く

春日山(かすがやま)は日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・春日山が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。現在は伊勢ノ海部屋所属の勢翔太が所有している[1]

春日山の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 春日山鹿右衛門(初代) --- ---
2代 春日山鹿右衛門(2代) --- 春日山部屋
3代 礒碇平左衛門 関脇 大橋部屋 1770年11月-1804年2月(死去)
4代 春日山鹿右衛門(3代) 小結 伊勢ノ海-柏戸-伊勢ノ海-
柏戸-伊勢ノ海部屋
1805年10月-1822年10月(死去)
5代 玉川浪三郎 前4 春日山-柏戸-伊勢ノ海部屋 1826年1月-1829,30年?(廃業)
6代 荒海 七之助 十2 春日山-柏戸-伊勢ノ海-柏戸部屋 1834年1月-1939年7月(死去)
7代 黒岩森之助 関脇 伊勢ノ海-柏戸-伊勢ノ海-
柏戸-伊勢ノ海部屋
1842,43年?-1844年?
8代 鶴ヶ峰榮治 前5 春日山-雷部屋 1854年2月-1859年7月(死去) 二枚鑑札
9代 外ヶ濱浪五郎 (2代) 前3 柏戸-伊勢ノ海部屋 1862年2月-1863年7月(死去) 二枚鑑札
10代 富田川枩藏 下13 柏戸-伊勢ノ海部屋 1866年3月-1869年2月(死去) 二枚鑑札
11代 ? ---
12代 朝日森万藏 十9[2] 伊勢ノ海部屋 1875年4月-1906年5月(廃業) 二枚鑑札
13代 當り矢信太郎 前4 春日山部屋 1906年5月-1923年9月(死去) 二枚鑑札
14代 藤ノ川雷五郎 関脇 伊勢ノ海-式守伊之助-伊勢ノ海部屋 1925年1月-1954年9月(廃業)
15代 名寄岩静男 大関 立浪部屋 1954年9月-1971年1月(死去)
16代 大昇充宏 前1 春日山-立浪-春日山部屋 1971年2月-1990年7月(停年(定年)退職)
17代 陣岳隆 小結 君ヶ浜-井筒部屋 1991年9月-1992年9月(廃業) 借株
18代 逆鉾昭廣 関脇 井筒部屋 1992年9月-1994年4月 借株、14代井筒に名跡変更
19代 薩洲洋康貴 前1 君ヶ濱-井筒部屋 1994年4月-1996年9月 借株、13代熊ヶ谷に名跡変更
20代 春日富士晃大 前1 春日山-安治川部屋 1996年9月-2012年2月 16代に名跡変更
21代 濱錦竜郎 前11 追手風部屋 2012年2月-2017年1月(退職)
22代 翔天狼大士 前2 武蔵川-藤島部屋 2017年12月-2019年7月 借株、20代北陣に名跡変更

脚注編集

  1. ^ “勢&比嘉真美子が結婚へ 角界と女子ゴルフスーパーカップル”. 中日スポーツ. 中日新聞社. (2018年6月27日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sumo/news/CK2018062702000184.html 2018年6月28日閲覧。 
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p8など、元幕下二段目とする資料もある。

関連項目編集