春歌(しゅんか)は、性風俗に関連した猥褻な内容の歌詞を含む楽曲、俗謡のこと。猥歌(わいか)、艶歌(つやうた)、情歌(じょうか)ともいう。

概要編集

性に関して現在よりおおらかな時代や、主に酒席での演奏という特性から作られたとされるが、現代では歌詞を変えて演奏される。逆に、通常の楽曲の歌詞を猥褻なものに変えて「替え歌春歌」にする例も見られる。

春歌とされる例編集

以下はいわゆる「下ネタ」の内容をもつ俗謡である。

  • たんたんたぬき - 「聖歌第687番」の替え歌春歌。
  • リンゴの唄 - 1番の歌詞を元にして、1回目は普通に歌い、2回目は冒頭で「りんごの『り』の字を『う』に変えて」と掛け声声をかけた後、一番の歌詞の「り」を「う」に、「ご」を「こ」に変えて歌う。同様に3回目は「り」を「ち」、4回目は「り」を「ま」に変えて歌う。
  • ずいずいずっころばし - 国語学者などの中には、この歌に不純異性交遊を表す意味が含まれていると解釈する者もいる。「茶壺」は女性(もしくは女性器)の意味であり、男が女に追われて家に逃げ込み、戸をぴしゃんと閉める(とっぴんしゃん)、というふうにである。「ずいずいずっころばし」、「ごまみそずい」、「俵のねずみが米食ってちゅう」も同様に性的な隠喩だとする指摘もある。[要出典][誰によって?]
  • 金太の大冒険 - つボイノリオの楽曲。つボイの楽曲には下ネタ的歌詞のものが他にも多数ある。
  • ちんこ音頭 - 2ちゃんねるで制作された楽曲。

関連作品編集

CD
  • 『春歌「替え歌」民謡/嬉し恥ずかしの艶唄』 - 全国民謡民芸娯楽保存会による民謡の替え歌の春歌CD
  • 『日本禁歌集』 - 竹中労監修の大衆芸能並びに音曲集。
  • 『春歌』 - なぎらけんいちのアルバム。
ビデオ
春歌が登場する映画
書籍

脚注編集

関連項目編集