メインメニューを開く
艦歴
計画 1900年度[1]
起工 1902年3月1日[1]
進水 1902年10月31日[1]
就役 1903年6月26日[1]
その後 1905年12月12日駆逐艦に種別変更[1]
1911年11月24日擱座沈没[1]
除籍 1911年12月28日[1]
売却 1912年8月1日[1]
性能諸元
排水量 常備:375トン[2]
全長 69.2m[2]
全幅 6.6m[2]
吃水 1.8 m[2]
機関 艦本式水管缶(石炭専焼)4基[2]
直立式4気筒三連成レシプロ蒸気機械2基2軸[2]
6,000馬力[2]
最大速力 29ノット[2]
航続距離 10ノットで1,200海里[2]
燃料 石炭:100トン[2]
乗員 62人[3]
兵装 7.6cm単装砲2基[2]
57mm単装砲4基[2]
45cm魚雷発射管単装2基[2]

春雨(はるさめ)は、大日本帝国海軍駆逐艦で、春雨型駆逐艦のネームシップである。同名艦に白露型駆逐艦の「春雨」があるため、こちらは「春雨 (初代)」や「春雨I」などと表記される。

艦歴編集

1903年6月26日、横須賀造船廠で竣工し、軍艦に編入され駆逐艦に類別[1]

1904年日露戦争が勃発し、旅順口攻撃黄海海戦に参加[1]。同年10月11日、旅順沖で触雷し士官室から後方の船体を喪失し、呉工廠で建造中の同型艦の後半部分を接合する工事を同年11月29日から着手し、翌1905年1月7日に修理完了して復帰した[1][4]日本海海戦では第1艦隊第1駆逐隊司令艦として参加し、5月27日の夜戦で僚艦夕霧と衝突事故を起こした[4]。その後、樺太の戦いにも参加した[1]

1911年11月24日、三重県的矢湾菅崎付近で荒天により擱座沈没[1]。同年12月28日、除籍。1912年8月1日、沈没のまま売却[1]

艦長編集

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

艦長
  • 有馬律三郎 少佐:1903年4月24日 -
  • 関重孝 少佐:1904年9月1日 - 11月12日
駆逐艦長
  • 庄野義雄 少佐:1905年12月12日 - 1906年1月25日
  • (兼)水科三十郎 少佐:1906年1月25日 - 4月1日
  • 和田博愛 大尉:1906年4月1日 - 7月3日
  • (兼)水科三十郎 少佐:1906年7月3日 - 7月12日
  • (兼)藤田定市 中佐:1906年7月12日 - 10月20日
  • (兼)平岡善之丞 大尉:1906年10月20日 - 12月20日
  • 吉武貞輔 大尉:1906年12月20日 - 1907年4月5日
  • 丸尾剛 大尉:1907年4月5日 - 1908年4月20日
  • 柳原継雄 大尉:1908年4月20日 - 6月5日
  • (兼)神代護次 大尉:1908年6月5日 - 9月19日
  • 柳原継雄 大尉:1908年9月19日 - 1909年12月1日
  • 児玉兼三郎 大尉:1909年12月1日 - 1911年11月24日殉職

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本海軍史』第7巻、288頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『世界の艦船増刊第107集 日本駆逐艦史』28頁。
  3. ^ 『写真日本海軍全艦艇史』資料編「主要艦艇要目表」51頁。
  4. ^ a b 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、279頁。

参考文献編集

  • 『写真日本海軍全艦艇史 Fukui Shizuo Collection』資料編、KKベストセラーズ、1994年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 『世界の艦船増刊第107集 日本駆逐艦史』、海人社、2012年12月。

関連項目編集