春風亭小柳三

落語家

春風亭 小柳三(しゅんぷうてい こりゅうざ)は、落語家の名跡。


春風亭しゅんぷうてい 小柳三こりゅうざ
本名 西宮 吉之助
生年月日 1898年11月15日
没年月日 (1970-08-01) 1970年8月1日(71歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 四代目春風亭柳枝
名跡 1. 春風亭青枝
(1918年 - 1921年)
2. 春風亭小柳三
(1921年 - 1970年)
活動期間 1918年 - 1970年
家族 昔々亭桃太郎(叔父)
所属 春風亭小柳三演芸社

春風亭 小柳三(しゅんぷうてい こりゅうざ、1898年11月15日 - 1970年8月1日)は、落語家。本名∶西宮 吉之助

来歴編集

6代目三遊亭圓生の記憶によると昔々亭桃太郎(本名は木村兼次郎、横浜の桃太郎)の甥にあたる。1918年ごろに4代目春風亭柳枝の門下で青枝から1921年に小柳三になった。

大正の末から当時の人気役者澤田正二郎声色、物真似で売れ吉本花月に出ていた。このころに唯一枚SPレコードを残している。

戦後は名古屋を拠点に春風亭小柳三演芸社を主催し活動した。目立った直弟子はいなかったが柳家小三亀松源氏太郎らがいた。

出典編集

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社ISBN 458212612X
  • 古今東西噺家紳士録