春風亭 梅枝(しゅんぷうてい ばいし)は、落語家名跡。8代目が華柳を継いでから空き名跡となっている。上方落語界では3代目まで存在した桂梅枝がいた。

  • 初代春風亭梅枝 - (1819年(逆算) - 1923年1月1日)本名、矢野新三郎。初代春風亭柳枝門下。嘉永文政の頃に師匠柳枝の番頭役となる。幕末から明治にかけて、柳派において「五厘(周旋人)の梅枝」として鳴らした。
    • 初代の実子の矢野新三郎が、「五厘」になって梅枝の名を継いだ。噺家業は行っていない。
  • 2代目春風亭梅枝 - 後の3代目三升家勝次郎。本名、三輪政吉。
  • 3代目春風亭梅枝 - 後の風雷舎金賀。本名、二宮長三郎。
  • 4代目春風亭梅枝 - 後の3代目滝川鯉かん。本名、矢島金太郎。
  • 5代目春風亭梅枝 - 後の春風亭柳窓。本名、佐々木吉郎。
  • 6代目春風亭梅枝 - (生没年不詳)本名、天野三郎。1920年12月の睦会の7人同時に若手真打昇進した中に春風亭小柳三から梅枝に改名する。関東大震災の頃まで消息が確認されている。
  • 7代目春風亭梅枝 - (生没年不詳)本名未詳。6代目春風亭柳枝門下。1929年8月の睦会の記録に鏡枝が梅枝に改名して真打昇進した記録がある。1931年頃までは消息が確認出来るが以後は不明。
  • 8代目春風亭梅枝 - 後の2代目春風亭華柳。本名は、中村 実。1991年9月芸術協会脱会、以後完全フリー。

参考文献編集