2代目春風亭 柳枝(しゅんぷうてい りゅうし、文政5年(1822年)(逆算) - 明治7年(1874年10月12日)は、落語家。本名不詳。俳名を箕森庵二柳。

2代目 春風亭しゅんぷうてい 柳枝りゅうし
別名 箕森庵二柳
生年月日 1822年
没年月日 1874年10月12日
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代春風亭柳枝
名跡 1. 春風亭栄枝
2. 初代春風亭柳朝
3. 2代目春風亭柳枝
活動期間 ? - 1874年

弘化時代に初代柳枝の門で春風亭栄枝という、一旦廃業したが、文久初年(または文久2年)に師匠柳枝がトリを勤めていた吾妻橋際の東橋亭に出演し、その時に名も春風亭柳朝と改めている。明治元年に2代目春風亭柳枝を襲名する。

俳人としても秀でており安政の大地震が起きた時も『早冬になるや桂の割るゝ音』、『埋火をかきならしては独り言』と即詠している。

辞世の句は『今さめる酒が真言の月の雨』。戒名は全柳院量枝居士。墓所は小梅の常泉寺に葬られた。墓石には「紅林」の文字が刻まれているが屋号か定かでない。

門下に2代目春風亭柳朝、生人形(百面相)の初代松柳亭鶴枝らがいた。

出典編集