メインメニューを開く

暗黒女子』(あんこくじょし)は、秋吉理香子ミステリー小説双葉社の『小説推理』において、2012年12月号から2013年3月号まで連載されたのち、2013年に出版された。

暗黒女子
著者 秋吉理香子
発行日 2013年6月19日
発行元 双葉社
ジャンル ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 264
コード ISBN 978-4575238259
ISBN 978-4575518955双葉文庫
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ミッション系女子高である聖母女子高等学院を舞台に、同校の女子生徒で生徒たちの憧れの存在であった白石いつみの不可解な死を巡って疑いの目を向けられた文学サークルのメンバーらが朗読で各々犯人と思う人物を告発する物語。

2017年に映画化作品が公開(後述)。

目次

あらすじ編集

聖母女子高等学院の文学サークルの第61回定例会は、毎年恒例の闇鍋をしながらの自作小説の朗読会であった。いつもは小説のテーマは自由だが、今回は現会長の澄川小百合により、「前会長・白石いつみの死」がテーマに設定された。各メンバー内の小説の内容は、他のメンバーが犯人であると告発し合うような内容であった。

登場人物編集

澄川 小百合(すみかわ さゆり)
聖母女子高等学院3年生。文学サークルの副会長だったが、いつみの死後に会長を引き継いだ。いつみの死の真相を明らかにするため、一学期最後の文学サークルの定例会で「前会長・白石いつみの死」をテーマに設定する。
白石いつみ(しらいし いつみ)
故人。聖母女子高等学院3年生。聖母女子高等学院の経営者の娘で、文学サークルの会長を務めていた。カリスマ性と完璧な美貌を持ち、他の生徒たちから憧れられる存在だった。ある日、スズランの花を持ってテラスから花壇に転落死した姿が発見される。
二谷美礼(にたに みれい)
聖母女子高等学院1年生。実家は貧乏だが奨学金により聖母女子高等学院に入学した。いつみの勧めでいつみの弟の家庭教師のアルバイトをしていた。
定例会では、古賀園子を犯人として告発する小説「居場所」を朗読する。
小南 あかね(こみなみ あかね)
聖母女子高等学院2年生。料亭「こみなみ」の娘であるが、本人は洋食やスイーツ作りに興味を持っている。文学サークルでもお菓子作りに余念がない。
定例会では二谷美礼を犯人として告発する小説「マカロナージュ」を朗読する。
ディアナ・デチェヴァ
ブルガリアからの留学生。いつみが一年生の頃、ブルガリアに短期留学していた時にいつみと知り合い、好意を抱く。幼少期の怪我が原因で、足を引きずるようにして歩いている。
定例会では、高岡志夜がいつみを憎んでいたと告発する小説「春のバルカン」を朗読する。
古賀 園子(こが そのこ)
聖母女子高等学院3年生。いつみのクラスメイト。亡くなった父の代わりに生家のクリニックを再開するため、医師を目指している。小説を読む際も常に5W1Hを意識している合理的思考の持ち主。
定例会ではディアナ・デチェヴァが魔力を使っていつみを死に至らしめたと告発する小説「ラミアーの宴」を朗読する。
高岡 志夜(たかおか しよ)
聖母女子高等学院2年生。中学2年生の時に執筆したライトノベル「君影草」で作家デビュー。日本語として日本人に自分の作品が読まれることにこだわっており、翻訳化や映像化を頑なに断っている。
定例会では、小南あかねを犯人として告発する小説「天空神の去勢」を朗読する。

書誌情報編集

小説編集

漫画編集

兄崎ゆなによる漫画版が描きおろしにて刊行されている。

映画編集

同名タイトルの映画が、2017年4月1日に公開。監督は耶雲哉治、主演は清水富美加飯豊まりえ[1]

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集