曹 楷(そう かい、生没年不詳)は、中国三国時代の皇族。

曹楷
西晋
宗正→崇化少府
出生 不詳
豫州沛国譙県
死去 不詳
拼音 Cáo Kǎi
不明
中牟県王→任城県王→任城王→済南王→済南県公
テンプレートを表示

生涯編集

黄初4年(223年6月に父の任城王曹彰が没すると位を世襲したが中牟県王に降封された。翌黄初5年(224年)に任城県に改封され、太和6年(232年)には任城郡中国語版に昇封され、食邑として五県二千五百戸を与えられた。

正始7年(246年)に済南王に改封され、三千戸を与えられた。正元年間、景元元年(260年)にも食邑を増やされておよそ四千四百戸を有した。

魏に代わってが成立すると、県公に降格された。泰始元年(265年)に皇太后王元姫の居する崇化宮の少府に任命された。

子女編集

子に曹温(邯鄲王、後に魯陽王)・曹悌(梁王)[1]

脚注編集

  1. ^ 三国志』「魏書」三少帝紀の裴松之注に引く孫盛の『魏氏春秋』には、明帝が養子とした曹芳(斉王、第3代皇帝)・曹詢(秦王)の実父と記されているが、盧弼中国語版は『三国志集解』で疑義を呈している。

参考資料編集

  • 三国志』巻十九 魏書十九 任城王曹彰
  • 晋書』巻三十一 列伝第一 后妃上