メインメニューを開く

最上 頼宗(もがみ よりむね、生年不詳 - 永享13年2月5日1441年2月26日))は室町時代出羽国の武将。官位は左京大夫最上氏の歴代当主には数えられていない。父は最上満家、弟に最上義春最上義秋

生涯編集

最上氏4代最上満家の長男である。

「菊地蛮岳旧蔵本」では「応永31年(1424年)、家督を相続し、貞享2年(1430年)に退隠、嘉吉元年に逝去」とあるが、山形市史では家督相続から除外されている。

参考文献編集

  • 山形市史
  • 菊地蛮岳旧蔵本