メインメニューを開く

新春ドラマ特別企画・最高のオヤコ』(しんしゅんドラマ・とくべつきかく・さいこうのオヤコ)は、2016年1月8日MBS制作・TBS系で放送されたスペシャルドラマ[1]

新春ドラマ特別企画
最高のオヤコ
ジャンル テレビドラマ
脚本 吉田紀子
演出 竹園元(MBS)
出演者 藤山直美
仲里依紗
六平直政
市川知宏
小倉久寛
賀来千香子
榎木孝明
エンディング lecca「ねがい」
プロデューサー 志村彰(The icon)
関川友理(The icon)
竹園元(MBS)
制作 MBS
放送
音声形式 解説放送(ステレオ2)
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年1月10日
放送時間 日曜日21:00 - 22:48
放送分 108分
回数 1
公式ホームページ(MBS)

本作は2014年10月5日に放送された『秋のドラマ特別企画・最強のオンナ』の続編で、今回は親子の絆をテーマに描いた。前編に引き続き上方喜劇界を代表する女流コメディアン・藤山直美が主演。仲里依紗と初共演した[1]

目次

あらすじ編集

居酒屋経営者のみどりは、一人娘のさゆみを女手一つで育てる。さゆみは成績こそ学内優秀だったが、卒業後の就職先が見つからず、さゆみはみどりに対して常にストレスと八つ当たりをぶつける。ところがある日、みどりがおにぎりを即売しているのを、修一なる男がみて、みどりの店に駆けつけた。みどりは、かつて大病院の後継ぎ息子である修一と交際したが、「身分の違い」から、さゆみを身ごもって自らの意思で姿をくらます。

そのころ、さゆみは大学の教授から、ロンドンへの留学を薦められる。しかし学費が高額であることをネックに、それを母・みどりに切りだせないでいたが、さゆみの恋人である淳平はそれを知り、おにぎりのチェーン化を目指そうとする男を頼って…[2]

出演編集

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ a b “藤山直美、仲里依紗が初共演 昨秋「最強のオンナ」に続く“女ドラマ””. スポーツ報知. (2015年11月4日). オリジナルの2015年11月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151108220101/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151103-OHT1T50143.html 2016年1月10日閲覧。 
  2. ^ ワイド視聴室 最高のオヤコ(毎日新聞2016年1月8日<東京本社版夕刊> 1月10日閲覧)

外部リンク編集