特別番組(とくべつばんぐみ)は、テレビラジオ放送において通常、毎日、または毎週放送されるレギュラー番組とは異なり、月に1回・年に1回 - 数回・不定期など単発的な意味合いを持つテレビ番組ラジオ番組のこと。略称は“特番”で、“スペシャル”、“SP”、“豪華番組”などと表現されることもある。

目次

概要編集

特別番組は、テレビでは春と秋の改編期年末年始に多く放送され、ラジオではプロ野球中継がない日(特にAM局)や祝祭日(特にFM局)年末年始に放送されることがある。

JFN系列局では日曜日の19:00 - 20:00もしくは20:00 - 21:00の1時間をレギュラーの特別番組枠(サンデースペシャル)として設ける例が多い[注 1]

上記を基本とするが、レギュラー番組の視聴率低迷や不祥事などでの打ち切り時に、改編期までのつなぎ番組として急遽設けられる例もある。

また、特定の特別番組の枠内で定期的に放送される番組も多く、好評だった番組をレギュラーへと昇格することも多く見られる。

これまで長時間の特別番組は1990年代まで日本テレビ系列24時間テレビ 「愛は地球を救う」』・『スーパークイズスペシャル』、フジテレビ系列FNS27時間テレビ』、TBS系列オールスター感謝祭』(5時間半)、テレビ東京系列新春ワイド時代劇』などごく少数に限られていた。しかし、2000年頃から特番の長時間化(3時間から5時間)が目立ち、フジテレビのように途中でニュースを挟んだ2部構成を行っている[注 2]。また、2010年代以降は放送局の開局記念やキャンペーン等、改編期以外(11月や2月など)に放送されるものが増えており、テレビ局の番組表上ではレギュラー放送の1時間番組が組まれているが、実際は2時間の特別番組しか放送されていない枠も存在している。

2000年代後半以降、ゴールデンタイムに地上波で放送されるテレビの音楽番組は特別番組しか放送されないことが多くなっており、NHKNHK紅白歌合戦』『思い出のメロディー』『わが心の大阪メロディー』、フジテレビ系列『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』『FNSうたの春まつり』、TBS系列『輝く!日本レコード大賞』『音楽の日』『日本有線大賞』『ハロウィン音楽祭』、日本テレビ系列『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト』『THE MUSIC DAY』『ベストヒット歌謡祭』、テレビ朝日系列『ミュージックステーションウルトラFES』『ミュージックステーションスーパーライブ』、テレビ東京系列『にっぽんの歌』『テレ東音楽祭』などが組まれている。

1990年代以降からは、フジテレビ系列『ものまね王座決定戦』『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』、日本テレビ系列『ものまねバトル』『ものまねグランプリ』と、春と秋の改編期の時期と年末年始の年3回定期的にものまね番組が放送されている。

過去にレギュラー放送が終了した番組を復活して放送する場合、特別番組扱いされる。

レギュラーの特別番組枠編集

NHK編集

日本テレビ系編集

テレビ朝日系編集

TBS系編集

テレビ東京系編集

フジテレビ系編集

※金曜プレミアムと土曜プレミアムでは2〜3日間連続の合同企画ドラマなどを放送することもある。

特別番組の様々な種類編集

ほか

  • 開局記念番組(放送局の開局時に放送される特別番組)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 通常は『SMOOTH STYLE』、『スポーツキャッチ!』を放送する局がほとんどである
  2. ^ TBS系列『オールスター感謝祭』では21時前後か21時過ぎにニュースが総合司会陣のアナウンス後に挿入

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集