メインメニューを開く

服部住吉神社(はっとりすみよしじんじゃ)は、大阪府豊中市服部にある神社。宗教法人としての名称は住吉神社[1]服部天神宮と並んで服部を代表する神社である。

服部住吉神社
Hattori-Sumiyoshi shrine.jpg
拝殿
所在地 大阪府豊中市服部南町2丁目3-31
位置 北緯34度45分46.5秒
東経135度28分43.4秒
座標: 北緯34度45分46.5秒 東経135度28分43.4秒
主祭神 住吉三神息長足姫命
創建 不詳
例祭 10月15日
地図
服部住吉神社の位置(大阪府内)
服部住吉神社
服部住吉神社
テンプレートを表示

目次

祭神編集

歴史編集

御鎮座の時期については詳らかでないものの、仁平2年(1152年)に本殿・鳥居等を再建した、との記録が社記に残されており、それ以前と推測される。

天正6年(1578年)の織田信長による荒木村重討伐時に兵火により焼失し、元和8年(1622年)に再建。更に下って昭和22年(1947年)にも失火により全焼した。仮社殿を経て、本格再建に当たっては中之島から大阪城内に遷座されることになった豊國神社の旧社殿を譲り受け、昭和36年(1961年)に現社殿が建立された。

境内編集

境内にある能舞台は明治31年(1898年)建立であり、大阪府下では最古のものとして平成10年(1998年)に国の登録有形文化財に登録されている[2][3]。最初は大阪博物場(現・大阪商工会議所)に建立され、昭和2年(1927年)に大阪天満宮に移築されたものが、昭和56年(1981年)の住吉神社大造営に際して現在の位置へ再移築されたものである[3]。例年8月の薪能をはじめ、年に数回狂言が催される。

境内社編集

  • 住吉稲荷社
  • 住吉龍神社

主な祭礼編集

 
能舞台
 
例大祭の神輿
  • 歳旦祭(1月1日)
  • 夏越大祓式(6月30日)
  • 夏祭(7月31日)
  • 例祭(10月15日)
  • 晦大祓式(12月31日)

現地情報編集

所在地
交通アクセス

脚注編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府所轄の宗教法人(宗教法人名簿へのリンクあり)
  2. ^ 平成10年12月25日文部省告示第188号(登録は12月11日付)
  3. ^ a b 豊中市服部南町の住吉神社にある能舞台は珍しいものだと聞いたが、これについて詳しくわかる資料はあるか。 - レファレンス協同データベース2019年02月24日 閲覧

関連項目編集

外部リンク編集