メインメニューを開く

望月 秀一(もちづき しゅういち、1933年昭和8年)10月6日 - 2006年平成18年)1月9日[1]は、日本警察官僚。元警察大学校教授科学警察研究所総務部長や佐賀県警察本部長などを歴任した。東京市出身。

来歴・人物編集

東京市出身。麹町小学校都立日比谷高校(入学時の名称は府立一中。在学中の1950年学制改革により現名称へ変更)卒業。一中では、硬式から軟式野球部を創部した[2]中央大学法学部卒業後(星友会に所属)、1962年29歳の時に警察庁入庁。入庁同期に、亀井静香井上幸彦、金田雅喬(内閣情報調査室長)、有馬浩一郎(四国管区警察局長)、古川定昭(中部管区警察局長)、鈴木邦芳などがいた。1962年入庁組は、ノンキャリア警察官から転身した者、民間企業から転身した者など、異色な人材が揃っていた。入庁後は、刑事畑を長く歩み、山口県警察静岡県警察捜査二課長を務めたのを皮切りに、宮崎県警察警務部長、警察庁刑事局保安部理事官佐賀県警察本部長などを歴任。その間、警察大学校教授に就任し、後進の育成にも尽力した。警察庁長官官房管理官科学警察研究所総務部長を最後に、警察庁を退官。退官後は、綜合警備保障取締役監査役などを務めた。

著書編集

  • 『銃砲刀剣類所持等取締法:逐条解説』警察時報社1973(共著)

他、論文多数。

脚注編集

参考文献編集

  • 『日本警察官僚総合名鑑』小山善一郎・石丸陽編,新時代社 2005