メインメニューを開く

株式会社朝日相扶製作所(あさひそうふせいさくしょ)は、日本家具メーカー。1970年阿部宗一郎山形県朝日町に創業した[1]。創業者の孫である阿部佳孝が2005年に第4代社長となって以降は、高級家具の注文生産に特化した事業を行っている[2]

株式会社 朝日相扶製作所
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
990-1442
山形県西村山郡朝日町大字宮宿600-15
設立 1970年8月
業種 その他製品
法人番号 8390001012171
事業内容 家具製造業(イス、テーブル、ソファー、ベッド等)
代表者 代表取締役社長 阿部 佳孝
資本金 4,970万円
従業員数 144名
外部リンク http://www.asahi-sofu.co.jp/
テンプレートを表示

目次

創業期編集

朝日相扶製作所は、1970年8月に、資本金100万円で創業した[3]。 創業当時、朝日町では、冬場の農閑期に出稼ぎに赴くものが多く、阿部宗一郎は町内に就労機会を増やすことを考えて事業を興した[1]。社名の「相扶」は「相互扶助」を意味している[1]。創業当初は、ビニール縫製の仕事として[3]、椅子のカバーの縫製を行い、1972年以降は、徐々に木工製品を手がけるようになった[1][3]

事業の拡大編集

1970年代半ばから1990年代にかけて、朝日相扶製作所は、堅調に増資と新規工場の開設を進め、朝日町の外にも寒河江市などに工場を構えるようになり、一時期は白鷹町にも工場を設けていた[3]

創業時の、地元に雇用機会を設けるという理念は、その後も一貫して継承されており、2012年12月現在で138人在籍する社員は、そのすべてが正社員である[2]2012年9月には、障害者雇用優良事業所として高齢・障害・求職者雇用支援機構から表彰されている[4]

ネームレスブランド編集

朝日相扶製作所は、他の家具メーカーから受注した高級家具OEM生産に特化したメーカーであり、自社ブランドをもっておらず、社内では自社製品を「ネームレスブランド」と称している[1]。取引は、イタリアの高級家具メーカーなどを含む国内外80社ほどに及ぶとされる[1]

2012年には、ニューヨークの国連会議場で使用されるフィン・ユールのデザインを復元した椅子260脚を製作した[2]

歴代社長編集

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 朝日相扶製作所(朝日町) 社長 阿部 佳孝 氏”. 山形コミュニティ新聞社 (2008年11月28日). 2013年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c 影本菜穂子 (2012年12月16日). “顔 国連会議上の椅子を製作した家具会社社長 阿部佳孝さん 40”. 読売新聞・朝刊: p. 2 
  3. ^ a b c d e HISTORY 沿革”. 朝日相扶製作所. 2013年12月25日閲覧。
  4. ^ “平成24年度障害者雇用優良事業所等全国表彰式の開催” (PDF). 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構ニュース (独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構) (137). (2012年8月31日). http://www.jeed.or.jp/news/download/news_137.pdf 2013年12月25日閲覧。 
  5. ^ “一度読んでみたい町在住著名人の本” (PDF). 朝日町. (2010年11月15日). p. 5. http://www.town.asahi.yamagata.jp/upload/1/kouhou_201011.pdf 2013年12月25日閲覧。 
  6. ^ 齋藤茂吉文化賞受賞者51-60回”. 山形県. 2013年12月25日閲覧。