メインメニューを開く

朝比奈正成(あさひな まさしげ、生没年不詳)は、安土桃山時代忍者。流派は不明。通称は兵右衛門。

徳川氏の家臣・京都守護(のちに所司代板倉勝重は、正成を間者として豊臣氏大坂城に潜入させた。正成は大坂城内では伊東長実に属し、城中の評議も模様をひそかに板倉に知らせた。この伊東も関ヶ原の戦いの前に石田三成の挙兵を家康に内報した人だった。元和元年(1615年)の大坂夏の陣においても、樋口淡路守に属して逐一板倉に報告した。