木下 俊監(きのした としてる)は、江戸時代中期の大名。豊後日出藩7代藩主。

 
木下俊監
時代 江戸時代中期
生誕 享保9年(1724年
死没 寛保元年12月14日1742年1月20日
改名 岩三郎、俊監
戒名 義善院
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
豊後日出藩
氏族 木下氏
父母 木下俊量、黒川氏
木下俊保
兄弟 量道俊在俊監俊能俊泰
相良長興正室、久留島光通正室、
木下栄俊正室、大久保忠肥正室、
松平義著正室、横山清章正室ら
俊能
テンプレートを表示

経歴編集

元文3年(1738年)、叔父で先代藩主の俊保が嗣子無く死去したため、その養嗣子となって跡を継いだ。寛保元年(1741年)12月14日、江戸で死去し、跡を弟の俊能が継いだ。法号は義善院。墓所は東京都港区高輪泉岳寺