メインメニューを開く

木村 由信(きむら よしのぶ、生年不詳 - 慶長5年9月18日1600年10月24日))は、安土桃山時代武将大名。重広、重則とも。通称は、宗左衛門。の達人。

豊臣秀次の補佐役であった木村重茲の家老として6000石を知行。文禄4年(1595年)、秀次に連座して重茲が自刃を命ぜられ改易となると、豊臣秀吉の家臣となり、美濃国北方、越前国内で1万石を拝領し、北方城主となる。慶長3年(1598年)、長束正家の監督下で越前国の検地に赴いている。

関ヶ原の戦いでは西軍に属し、伏見城の戦いに参陣したのち、大垣城二の丸を守備する。西軍が本戦で敗れたのち、ともに守備していた相良長毎秋月種長高橋元種兄弟らの裏切りにより、熊谷直盛垣見一直らとともに謀殺された。この時、息子の伝蔵豊統も一緒に斬られた。