メインメニューを開く

末松 誠(すえまつ まこと、1957年11月30日 - )は、日本の医師生化学者国立研究開発法人日本医療研究開発機構初代理事長[1]慶應義塾大学医学部教授(医化学教室)。活性酸素ヘム代謝病態生化学や、ガス状メデイエーターによる血管機能の調節機構を主な研究分野としている。最近は、人工血液の分野に業績を残している。

末松彗を筆頭に二児の父である。

目次

人物・功績編集

2003年には文部科学省リーディングプロジェクト「細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト」拠点代表者を務め、2007年には日本学術振興会グローバルCOEプログラム「In vivo ヒト代謝システム生物学拠点」拠点代表者を務めた。

国立がん研究センター理事、理化学研究所次世代計算科学研究開発運営委員会委員、厚生労働省厚生科学審議会科学技術部会委員も務めている。

好きな言葉は、「照一隅者是国士(一隅を照らす者是国士なり)」。

略歴編集

  • 1957年生まれ。
  • 1976年 千葉県立千葉高等学校卒業。
  • 1983年 慶應義塾大学医学部卒業。
  • 1988年 慶應義塾大学助手。医学部内科学教室に配属。1990年には中央臨床検査部内視鏡部門へと移る。
  • 1990年 第14回ヨーロッパ微小循環学会Young Investigator's Award受賞
  • 1991年 慶應義塾大学医学部内科学教室に帰室。直ちにカリフォルニア大学サンディエゴ校応用生体工学部に留学する。
  • 1996年 慶應義塾大学助教授(医化学教室)就任。後に教授に昇格。 
  • 2007年 慶應義塾大学ヒト代謝システム生物学研究センター所長、慶應義塾大学医学部長就任。
  • 2015年 国立研究開発法人日本医療研究開発機構初代理事長就任。

脚注編集

  1. ^ [1]

関連項目編集

外部サイト編集