メインメニューを開く

末永 照和(すえなが てるかず、1931年5月26日 - )は、日本の美術史学者、桜美林大学名誉教授。国際美術評論家連盟会員。

来歴編集

北海道釧路市生まれ。東北大学文学部美学美術史学科卒業。『美術手帖』『みづゑ』などに執筆。桜美林大学教授、名誉教授、実践女子大学教授。2002年定年退職。1984年「ジェームズ・アンソール」で芸術選奨新人賞受賞。2013年「評伝ジャン・デュビュッフェ アール・ブリュットの探求者」で第23回吉田秀和賞受賞。

著書編集

  • ピカソの時代』未来社 1972
  • ジェームズ・アンソール 仮面の幻視者』小沢書店 1983
  • 『ピカソの道化師たち』小沢書店 1984
  • 『かくも長き痙攣の時 二十世紀画家論』小沢書店 1987
  • セザンヌを愛するために その人生と芸術』川崎市生涯学習振興事業団かわさき市民アカデミー出版部 2002 (かわさき市民アカデミー講座ブックレット)
  • 『評伝ジャン・デュビュッフェ アール・ブリュットの探求者』青土社、2012 

翻訳編集